福岡のニュース

福岡県が「薬物乱用防止啓発VR動画」公開

福岡県が「薬物乱用防止啓発VR動画」公開へ

福岡県は、2017年10月12日(木)より、全国初となる薬物乱用防止啓発 VR動画、『ダメドラワールド』を公開しました。

福岡県内では現在、覚醒剤や大麻といった違法薬物に関する検挙者数が全国的に高位で推移しており、憂慮すべき状況にあります。

また、危険ドラッグ事犯が収束しつつある一方、近年では大麻事犯が増加しており、若者の検挙補導者数が増えています。

今回の『薬物乱用防止啓発 VR動画』は、若い世代が接しやすい、インターネットを経由した動画を通じて、薬物乱用防止啓発を図ることを目的に公開されます。

VR(バーチャルリアリティ)とは、コンピュータ上、もしくはウェブサイト上に作られた世界を、実際の感覚を通して体感できるもので、日本語では「仮想現実」などと訳されます。

動画では、1人称視点で、違法薬物の使用が恐ろしいもので、大麻は危険性が低いといった認識が誤りであることを知ることができます。

違法薬物の乱用は、幻覚や幻聴などの精神症状が現れるだけでなく、薬物を断った後も、不安感や幻覚などのフラッシュバックに突然襲われたりと、残りの生涯を大変辛いものに変えてしまいます。

法律で禁じられた薬物を使用することは、たった1回であっても「乱用」です。

薬物の乱用はあなたとあなたの周りの社会をダメにします。絶対に手を出してはいけません。

▶『ダメドラワールド』|福岡発薬物乱用防止VR動画

1964
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top