福岡のニュース

天神の「ライオン広場」がリニューアル!コンセプトは英国の貴族の館

天神の「ライオン広場」がリニューアルへ!コンセプトは英国の貴族の館

西鉄は、同社が運営する「ソラリアターミナルビル」の開業20周年に合わせ、ソラリアターミナルビル 1階にある「ライオン広場」を、約1億5千万円かけてリニューアルします。

ライオン広場は、福岡三越の北側入口に位置し、三越のシンボルであるライオン像が設置されていることが名称の由来となっている場所で、天神地区の中心地に位置し、福岡市観光案内所(天神)があることから、歩行者の回遊拠点として重要な役割を担っています。

今回のリニューアルのデザインコンセプトは、英国の貴族の館(マナーハウス)の庭に設けられるサンルームを表す『コンサバトリー』とのこと。

天神の「ライオン広場」がリニューアルへ!コンセプトは英国の貴族の館

緑に囲まれながらベンチでゆっくりとくつろぐことができ、待ち合わせやショッピングの合間を、快適に過ごすことができるような空間が演出されます。

リニューアルの完了予定は、2017年9月25日(月)が予定されています。

西日本鉄道株式会社

4426
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top