福岡のニュース

柳川観光列車「水都 -すいと-」運行開始

柳川観光列車「水都 -すいと-」

西鉄は、現在運行中の柳川観光列車「水都」の車両、およびデザインのリニューアルを実施し、2017年7月22日(土)より運行を開始しました。

福岡県を代表する観光地 柳川をイメージした柳川観光列車「水都」(8000形 6両)の車両が、製造初年から29年経過していることから、3000形へ車両の代替が実施されます。

車両の外装デザインは、現在の「水都」のデザインテーマである「柳川の四季」を踏襲しながらも、新たに城下町・柳川に息づく武家文化を象徴する色として、すべての車両に格式と気品を表す「漆黒色」が追加され、歴史ある柳川の世界観が表現されています。

また、車両に設置されているディスプレイキャビネットには、従来の柳川観光パンフレットや物産品のほか、新たに立花家史料館より寄贈された文化財レプリカを設置。電車内で城下町柳川の文化を楽しむことができます。

そのほか、各車両には、柳川藩主立花家の鎧や刀などを紹介する6種類の記念乗車カードも展示されます。

さらに 3000形の水都車内には、無料公衆無線 LANサービス「Nishitetsu Train Free Wi-Fi」が新たに導入されます。

柳川観光列車「水都」の詳細については、下記の特設サイトをチェックしてみてください。

柳川観光列車「水都 -すいと-」

4982
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top