福岡のニュース

いのちのたび博物館「大昆虫博」日本最大級の昆虫展

いのちのたび博物館「大昆虫博」日本最大級の昆虫展2017年7月15日(土)~9月3日(日)9:00~17:00(入館は16:30まで)いのちのたび博物館(北九州市八幡東区東田2-4-1)にて、いのちのたび博物館開館15周年記念 夏の特別展「大昆虫博」が開催されます。

チョウの大型コレクション!世界の生きたクワガタムシ・カブトムシ大集合!世界の毒虫・奇虫大集合!世界の生きた擬態昆虫日本最大級!

常設展+大昆虫博セット券 大人:1,100円、高・大生:700円、小・中生:500円
大昆虫博のみ 大人:800円、高・大生:500円、小・中生:400円

今年の夏は昆虫をじっくりと観察してみませんか?昆虫は全生物種のうちおよそ6割を占め、世界から約100万種が知られています。昆虫の多くは小さな生き物ですが、地球上のあらゆる環境に生息しており、その形や生き方も様々です。

今回の「大昆虫博」では、色々な形態や生態の昆虫や、クモやサソリなどの昆虫に近いグループを紹介。身近な生き物であり、地球上で最も繁栄している生物のひとつである昆虫の魅力を楽しんでいただき、昆虫のすごさを知っていただくことが今回の特別展のテーマです。

大昆虫博は、世界から集めた珍しいチョウや、カブトムシ、クワガタムシなどの一万点を超える標本を展示しています。それに加え、生きた水生昆虫や葉っぱそっくりのコノハムシ、さらにはクモの仲間のタランチュラやサソリまで沢山の生体展示とあわせ、日本最大級の昆虫展です。

特別協力の北九州・魚部による水生昆虫展示「魚部室@ヒメドロムシとゲンゴロウ展」では、身近でありながら見過ごされがちな水生甲虫、ゲンゴロウとヒメドロムシを中心に紹介。様々なゲンゴロウやヒメドロムシの違いや大きさ・小ささを体感しながら、間近でじっくりご覧いただける貴重な機会です。

 いのちのたび博物館

4710
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top