福岡のニュース

西鉄が「むなかたきっぷ」期間限定販売へ

西鉄が「むなかたきっぷ」期間限定販売へ

西鉄より、平成28年7月23日(土)から同年9月16日(金)までの期間限定で、「むなかた号」往復乗車券と宗像エリア周辺施設利用券などがセットになった「むなかたきっぷ」が販売されます。

同きっぷは、平成28年7月23日(土)から福岡市・天神と宗像エリアを結ぶ特急バス「むなかた号」を土日祝日のみ増便し、一部の便を大島への市営渡船発着場所である神湊波止場(こうのみなとはとば)まで延伸することにあわせて販売されるもので、希望の行先や、旅先での楽しみ方に合わせて3種類から選ぶことができる、おトクで便利な企画乗車券です。

宗像大社を中心としたエリアは、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群として平成21年よりユネスコ世界遺産暫定リストに記載されており、さらに平成29年の世界文化遺産登録の国内推薦が決定したことで、一段と注目を集めています。

また「道の駅むなかた」は玄界灘で獲れた新鮮な海産物が特に人気で、全国でも屈指の売上高を誇っています。

この夏は、宗像エリアで、日本古来の文化や歴史を感じたり、豊かな自然とその恵みを受けた海産物・農産物などのグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「むなかたきっぷ」の詳細については、下記の公式ニュースリリースをチェックしてみてください。

News Release|西鉄グループ

2073
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top