福岡のニュース

太宰府天満宮でニコライ・バーグマンの展覧会

太宰府天満宮でニコライ・バーグマンの展覧会

デンマーク出身のフラワーアーティスト、Nicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)さんが、2016年6月9日(木)~12日(日)の4日間、展覧会『新花』を太宰府天満宮にて開催することが明らかになりました。

ニコライ・バーグマンさんは、北欧のスタイルと日本の繊細な感性を組み合わせた独自のフラワーデザインを確立したフラワーアーティストで、2014年に開催された『伝統開花』では、伝統と革新的なフラワーアートを題材に4日間の会期中約8000名の来場者数を記録し、盛況のうちに幕を閉じました。

二度目となる今回の展覧会では、太宰府天満宮、宝満宮竈門神社に加え、古来「海神の総本社」として称えられ長い歴史と伝統を誇る志賀海神社をあわせた3会場を舞台に過去最大スケールで展開されます。

伝統の地で表現するコンテンポラリーなフラワーアートをテーマに、ニコライ・バーグマンさんのオリジナルデザインによる漆や陶器、桐などによる花器と合わせた今展覧会のための新作100点余りの作品を展示。

期間中は、展覧会限定フラワーボックスや『伝統開花』での展示作品を中心に撮り下ろした作品集の販売も行われます。

展覧会入場料は、屋外展示は無料、屋内展示(全会場共通)が800円、12歳以下は無料。

チケットは、太宰府天満宮、宝満宮竈門神社、志賀海神社、Nicolai Bergmann Flowers & Design各店舗にて販売されます。

ニコライバーグマン 公式サイト

6863
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top