福岡のニュース

ベビーシッターの「キッズライン」が全国展開へ

ベビーシッターの「キッズライン」が全国展開へ

1時間1000円から利用可能で、スマホやPCから即日手配することも可能なベビーシッターサービス「キッズライン」は25日、同サービスの全国展開を開始すると発表しました。

「キッズライン」は”日本にベビーシッター文化”を掲げ、2015年2月に関東を中心にサービスが開始されたもので、以来、ユーザー数、登録シッター数を順調に伸ばし、リピート率8割と高い満足度の中、口コミで人気が広がっています。

そして今回、全国でも特に待機児童が多いとされる大阪・名古屋・福岡を皮切りにベビーシッターの募集が始まります。

現在、職場では女性活躍の機会が広がっているものの、実際には育児と仕事を両立するには育児支援が不足し、さらに首都圏以外の地域では待機児童も多い上に、保育園以外の選択肢も少ない状況です。

一方で、保育士の資格や経験を持っていながら条件が合わず、活かすことができない「潜在保育士」は全国に70万人いると言われており、キッズラインでは、同サービスを通じて、潜在保育士の活躍の場所が広まれば、一人一人のニーズにあった育児支援システムの基盤ができるだけでなく、地方の雇用創出にもつながるのでは、としています。

現在キッズラインには首都圏を中心に約250名のサポーター(ベビーシッター)が在籍。元保育士、専業主婦、産後ドゥーラ、大学生などが活躍しているそうです。

副業であれば月収5万円程度から、本業では30万円以上稼ぐキッズサポーターも存在。保育園の勤務環境が合わず、キッズラインに登録し、フリーで独立するシッターさんも増加しているとか。

ベビーシッター登録説明会の福岡会場はJR博多シティ、日時は2016年3月11日(金)13:00~16:00となっています。

同サービスに関する詳細、ならびに説明会へのエントリーに関しては、下記の公式サイトを確認してください。

ベビーシッターのキッズライン
ベビーシッター無料登録説明会

3103
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top