福岡のニュース

水道管凍結に注意!破裂しないための対策

水道管凍結に注意!破裂しないための対策気温が氷点下になると、水道管や水道メーターが凍って水が出なくなったり、ひどいときには破裂したりします。

気象台の予報では、1月24日(日)及び25日(月)に、氷点下の最低気温が予想されています。水道管が凍ったり破裂したりするのは、露出した水道管に多く発生します。 特に、北側や日陰、風当たりの強い場所の水道管は注意が必要です。

露出した水道管には、市販されている保温チューブを巻いたり、メーターボックスには検針の邪魔にならないように砂を入れたビニール袋などをつめて寒さからメーターを守ってください。

1. 水道管やメーターボックスの保温を!
凍結の防止には,保温が一番です。屋外に露出している水道管の保温には、保温チューブや布を巻くのが効果的です。保温チューブはホームセンターなどで販売しています。メーターボックス内は、発泡スチロールや新聞紙などを入れ、保温をしてください。

2. 水の汲み置きを!
夜中から朝方にかけて水道管が凍結し、水が出なくなることがあります。水の汲み置きをしてください。

3. 水道管の凍結や破損事故の応急処置は?
凍結により水が出なくなっても、日中気温が上昇してくれば元どおり水は出るようになります。どうしても水が必要な場合は、水道管にタオルをかけ、その上からぬるま湯をゆっくりとかけて溶かす方法もあります。熱い湯をかけると、水道管が破裂しますので、十分注意してください。

水道管が破裂したときは、メーターボックス内の元栓(バルブ)を閉め、異物が入り込むのを防ぐため、破裂したところへ布やテープをしっかりと巻き付けて、指定給水装置工事事業者に修理の依頼をしてください(修理費用は有料)。

 福岡市ホームページ(PDF)
 北九州市ホームページ(PDF)

4918
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top