福岡のニュース

お米番付2015、入賞米8種類に朝倉市の「にこまる」

お米番付2015、入賞米8種類に朝倉市の「にこまる」

日本お米向上委員会が主催する、日本全国の米の生産者を発掘する「お米番付2015」の最終審査会が2015年11月16日(月)に入賞米8種類が決定しました。

3年目となる今回は、過去最高となる全国30都道府県135品の応募総数の中から、まず第一次審査にて、24名の”お米マイスター”による食味審査を行い12種類のお米を最終審査に選出。

最終審査では、ミシュラン星付き料理人や世界で活躍するフードコラムニストなど、各方面の食のプロフェッショナルと五ツ星お米マイスター4名で、入賞米8種類を決定。

その8種類のなかに、朝倉市の北嶋将治さんがつくった「にこまる」が入賞しました。

国立研究開発法人の農研機構によれば、「にこまる」は、九州のブランド米「ヒノヒカリ」に代わりうる品種として、おいしさ、品質、収量の3拍子揃った米を目標に開発された品種で、母親は近畿・中国地域で奨励品種となったおいしい早生(わせ)のお米「きぬむすめ」、父親には倒れにくく品質の良い「北陸174号」の交配組み合わせから育成されたそうです。

両親ともに「コシヒカリ」の血を引くおいしい系統で、「にこまる」はその両親の良いところを受け継いだ品種とのこと。

お米番付2015

2395
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top