福岡のニュース

ホークス、新ファーム本拠地の施設名称が決定

ホークス、新ファーム本拠地の施設名称、年間指定席の発売も

福岡ソフトバンクホークスは29日、新ファーム本拠地の施設名称が「HAWKS ベースボールパーク筑後」に決定したと発表しました。

また、新ファーム施設のメインスタジアム名称が「ホークススタジアム筑後」に、サブグラウンド名称が「ホークススタジアム筑後第二」に決定したこともあわせて発表。

ロゴマークは、ホークスの未来を担う施設が緑豊かな筑後にあることを身近に感じてもらいつつ、野球ボールをモチーフにボールの縫い目と筑後市(CHIKUGO)の頭文字をリンクさせたデザインに仕上がっています。

さらに、筑後メインスタジアムの年間指定席(シーズンシート)の発売も開始されました。

2016年に筑後ファーム本拠地メインスタジアムで開催されるホークス主催ウエスタン・リーグ公式戦全試合を契約の席で観戦できるチケットで、3軍戦の有料試合も観戦できるとのこと。

詳細については、公式のニュースリリースを確認してください。

新ファーム施設は「HAWKS ベースボールパーク筑後」に決定!
筑後メインスタジアムの年間指定席も発売開始

2525
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top