福岡のニュース

カステラ本家 福砂屋が創業400周年、ロゴとして親しまれている蝙蝠型の皿が当たるキャンペーン実施

カステラ本家 福砂屋が創業400周年、ロゴとして親しまれている蝙蝠型の皿が当たるキャンペーン実施

カステラ本家 福砂屋(本社:長崎市/福岡支社:福岡市博多区)では、同社の創業400周年を記念したプレゼントキャンペーンを、2024年5月7日(火)から8月12日(月)までの期間実施すると発表しました。

カステラ本家 福砂屋が創業400周年、ロゴとして親しまれている蝙蝠型の皿が当たるキャンペーン実施

福砂屋は、1624(寛永元年甲子)年に長崎県で創業し、今年で400周年を迎えます。

同キャンペーンは、福砂屋の商品を税込2,000円以上購入し応募した人の中から抽選で400名に、福砂屋のロゴとして永きに亘り親しまれている“蝙蝠”型の皿が当たります。

縁起の良い紅色・白色の平皿2枚1組で、裏面には400周年記念ロゴをあしらった、ここでしか手に入れる事ができない特別なアイテムとなっています。

カステラ本家 福砂屋が創業400周年、ロゴとして親しまれている蝙蝠型の皿が当たるキャンペーン実施

カステラ本家 福砂屋が創業400周年、ロゴとして親しまれている蝙蝠型の皿が当たるキャンペーン実施

同社によれば、カステラを楽しむ際にも、ぜひ使用してほしいとのことです。

九州エリアは全県にて店舗展開しており、各店舗の詳細についてはこちらのページから確認できます。

福砂屋の登録商標

福砂屋の商標は「蝙蝠(コウモリ)」です。明治時代、福砂屋の12代店主である清太郎氏の時に、カステラをもっと長崎を代表する菓子として育てたいとの願いを込めて現在の「蝙蝠」の商標へ変更。

その際は、1682(天和2)年の飢饉の際に福砂屋が米を寄進した唐寺・崇福寺の住職の勧めもあったそうです。

中国では、「蝠」と「福」が同音で縁起が良く、慶事・幸運の印とされます。長崎という地域としての、中国との絶える事のない交流の歴史から、「蝙蝠」は自然な形で商標となりました。

400周年記念ロゴ

カステラ本家 福砂屋が創業400周年、ロゴとして親しまれている蝙蝠型の皿が当たるキャンペーン実施

福砂屋のアイデンティティでもある登録商標の「蝙蝠ロゴ」と「400(周年)」をシンプルに表現。とりわけ縁起が良いとされている“赤い色“の蝙蝠をイメージし、椿桃(朱色)で彩っています。

キャンペーンの応募方法については、以下の特設サイトから確認できます。

福砂屋400周年プレゼントキャンペーン

この情報は5月11日(土)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

4129
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top