福岡のニュース

福岡市と西鉄が新たな交通システムを導入

福岡市と西鉄が新たな交通システムを導入

福岡市と西鉄は4月16日、共同で新たな交通システムを導入すると発表しました。福岡都心部を快速運行する連節バスで「都心循環BRT」の導入に取り組むとしています。

ここで出てくる”BRT”とは「Bus Rapid Transit(バス高速輸送システム)」の略で、バスを2両連結したようなデザイン性の高い「連節バス」を15台導入する計画です。

博多駅/天神/ウォーターフロント地区という都心3拠点間を結ぶ両回り循環ルートを設定し、10分間隔で運行、主要地点のみ停車する快速運行により、都心の中での大量輸送・高速移動を目指します。

まずは2016年度に2台の連節バスを導入し、運行上の安全性や課題の確認を行いながら、段階的に最終形へのシステムを形成し、循環ルートでの本格運行へ移行するスケジュールです。

市と西鉄では「連節バスの導入、ならびにシンボリックなバス停整備、鉄道や路線バスとの乗継強化などにより、従来のバスよりも、速く、時間どおりに、たくさんの人を運ぶ、分かりやすく使いやすいシステムにしたい」と語っています。

福岡市と西鉄が新たな交通システムを導入

現在、福岡市を中心として、天神地区の大規模再開発を目指した「2024 天神未来創造 “天神ビッグバン”」プロジェクトが始動しています。

同プロジェクトでは、天神地区で今後10年の間に、30棟のビルが建て替わる予定で、それにともなって床面積が1.7倍に増加することが確実視されています。そうなれば、天神地区で新たなビジネスやショッピングをはじめとする交流や活動が高まることが予想され、そうなった際の都心部への急増するマイカー乗り入れに対し、どう対処するかが問題点の1つとして挙げられていました。

今回の新交通システム導入計画の延長線上には、天神地区へマイカーで訪れる人たちに対し、マイカーを都心周辺部のパーキングに停めてもらい、都心部へは公共交通ネットワークを使って効率良く移動してもらいたい、との期待が込められています。

・ニュースリリース|福岡市/西日本鉄道

5776
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top