福岡のニュース

筑豊電気鉄道「新型低床式LRT5000形」14日運行

筑豊電気鉄道「新型低床式LRT5000形」14日運行

筑豊電気鉄道は、平成27年3月14日(土)に行うダイヤ改正に合わせて、新型低床式LRT(Light Rail Transit)5000形の運行を開始すると発表しました。

5000形は、駅ホームから車両床面までの高さを既存車両より約40cm低くした低床車両で、「バリアフリー設計」となっております。

また、運転席前の正面ガラスにも曲面ガラスを採用するなど、スタイリッシュでやさしいイメージのボディデザインとなっています。車体カラーには、福岡県とちくてつ沿線 3 市の花を連想する「ピンク」を採用。

全ての車内照明に LED を採用し、高効率な制御装置と電力回生ブレーキを備えることで、既存車両と比べ消費電力量を大幅に削減します。

5000形は筑豊電鉄開業59年目にして初となる新造車両です。出発式は、3月14日10時30分から黒崎駅前駅にて行われます。

関連リンク:筑豊電気鉄道「新型低床式LRT5000形」(PDF)
関連記事:筑豊電気鉄道が3月14日より「nimoca」導入

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top