福岡のニュース

日本郵便が「スマートレター」開始へ

日本郵便が「スマートレター」開始へ

日本郵便は4月3日から、専用封筒を使って全国一律 税込180円で発送できる郵便サービス「スマートレター」を開始すると発表しました。

先日、ヤマト運輸が「クロネコメール便」のサービスを終了し、小型の配送サービス開始を発表したばかりのタイミングで、ヤマト運輸に対抗したサービスであることが予想されます。

現在あるレターパックと同様に、専用封筒を購入して荷物(信書も可能)を入れて郵便窓口またはポストから送る方式です。封筒の大きさはレターパックの約半分で、サイズは25×27センチ、厚さ2センチ、重さ1キロまでとなっています。レターパックにある追跡サービスはありません。

日本郵便が「スマートレター」開始へ

販売は、まず4月3日から東京都内の郵便局、ならびにセブン-イレブンとローソンで開始され、順次販売地域が拡大されます。

これまで多くの利用があったヤマト運輸のメール便は、料金が82円からと割安で、昨年度は約21億通の利用がありましたが、手紙などの「信書」を扱えないとして3月末で廃止されます。同社は総務省に規制の緩和を求めていましたが、認められませんでした。

「信書」は総務大臣の許可を受けた信書便事業者に限り、配達が認められています。もともと国が独占的に行ってきましたが、法律の改正により、民営化された日本郵便の他にも民間の企業が参入できるようになりました。

しかしながら、参入するには、全国の市町村に10万本の信書便差出箱(ポスト)を設置しなければならないなど、高いハードルがあり、現時点で日本郵便以外の事業者は存在しません。※ヤマト運輸では、全国に散在する24時間営業のコンビニ店を信書投函先として活用する案を出していたようです。

日本郵便には信書を送達する許可がありますが、ヤマト運輸にはその許可がないため、郵便受けではなく対面で届ける「宅急便」となり、個人向けサービスが割高となります。

携帯電話事業と同様に、安定したサービスの提供が可能な大手の2社ないし3社に同等の許可を与え、サービスの質や料金を競わせるというのも大事かと思いますが、色々と難しいのでしょうか。

・プレスリリース|日本郵政グループ

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top