福岡のニュース

ヤマト運輸の新サービスは「宅急便コンパクト」と「ネコポス」

ヤマト運輸の新サービスは「宅急便コンパクト」と「ネコポス」

ヤマト運輸は3月3日、3月末で廃止するクロネコメール便に代わるサービスとして、対面配達サービス「宅急便コンパクト」と、投函サービス「ネコポス」を4月1日から始めると発表しました。

宅急便コンパクト

ヤマト運輸の新サービスは「宅急便コンパクト」と「ネコポス」

同社の宅急便最小サイズである60サイズ(荷物の縦横高さの合計が60センチ以内)より小さな荷物を送るための新サービスで、宅急便のサイズ変更は21年ぶりとなります。

法人個人共に利用可能で、一部地域をのぞき、全国翌日配達やセールスドライバーによる集荷など、基本サービスはこれまでの宅急便と同様です。

ただし、宅急便コンパクトを利用するには、あらかじめ専用ボックスの購入が必要です。縦25cm×横20cm×厚さ5cmの「専用ボックス」と、縦24.8cm×横34cmの「薄型ボックス」の2種類が用意されており、いづれも1個 税込65円です。ボックスの中に入るものであれば重量の制限はありません。

ヤマト運輸の新サービスは「宅急便コンパクト」と「ネコポス」

専用ボックスはヤマト運輸直営店、および宅急便取扱店にて販売、5枚以上購入する場合に限り、担当セールスドライバーによる配達も行うとのことです。

料金は、通常の宅急便と同じ料金体系で、送る地域によって料金が異なります。基本の同一地域内は60サイズより安い税込594円で、ボックス代と合計が税込659円となります。なお、各種割引をあわせて使うことで税込419円まで料金を割引くことができます。

・宅急便コンパクト|ヤマト運輸

ネコポス

ヤマト運輸の新サービスは「宅急便コンパクト」と「ネコポス」

ネコポスは、小さな荷物を受取人のポストに投函する翌日配達のサービスで、利用するには通販事業者などの法人や個人事業者がヤマト運輸と利用契約を行う必要があります。

こちらの料金は発送地に関係なく一律で、月に約100個を送る場合だと、1個当たり250円程度になるそうです。サイズは角形A4サイズ(31.2×22.8センチ)以内、厚さ2.5センチ以内、重さ1キロ以内。宅急便のように日時指定はできませんが、一部地域を除き全国翌日配達が可能となりました。

同社では今後、フリマサイトなどと連携し、サイト内で送付状の発行や集荷の手配などが可能となるようなシステムを導入してゆくとしています。

これまで多用されていた同社のクロネコメール便は、ポストに投函して配達する簡易な配送サービスでしたが、利用者がそれと知らずにメール便で信書を送ってしまい、郵便法違反に問われるリスクがあるとして、クロネコメール便を廃止することになりました。その発表の際に、小さな荷物を発送するニーズに応えるための新たなサービスを導入することも明らかにしていました。

・ネコポス|ヤマト運輸
・関連記事 : ヤマト運輸がクロネコメール便を廃止へ

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top