福岡のニュース

罹患率の高いがんは胃がん 約80%はピロリ菌が原因

fukutsu

日本人がかかるがんの中で、もっとも罹患率が高いのが胃がんです。

罹患率とは、ある特定の期間内において、集団に新たに生じた疾病の症例数を割合として示すもので、「発生率」という訳語が使われることもあります。

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、毎年11万人以上の日本人が胃がんに罹患し、死亡者数は5万人以上とされています。

NEWSポストセブンの記事によれば、昨年9月のWHO(世界保健機関)の報告では、「胃がんの主な要因はピロリ菌である」とのこと。さらに、全世界の胃がんの約80%はピロリ菌によるものであり、除菌治療によって30~40%の胃がん発生を抑えられるとしたうえで、「(日本のように)ピロリ菌感染者の多い地域では、胃がん予防のため、除菌などの対策を取るように」と勧告しました。

ピロリ菌とは何か?

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しているらせん形をした悪い菌です。強い酸性の胃酸から胃を守るはたらきがある”表層粘膜”の中に生息しているため、胃酸攻撃にあわず生きることができます。ピロリ菌は子供の頃に感染し、一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。そして、ピロリ菌の出す毒素によって胃がダメージを受け続け、慢性的な胃炎が起こります。そこにストレスなどのダメージが加わると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、最悪の場合は胃がんになってしまうのです。

ピロリ菌の除菌療法

血液や尿を採取してピロリ菌に対する抗体の有無を調べることにより、ピロリ菌に感染しているかどうか調べる”抗体測定”、あるいは、検査用の薬をのみ、一定時間経過した後に、吐出された息を調べて感染の有無を調べる”尿素呼気試験”
などの検査を行い、除菌療法が必要か否かをチェックします。除菌が必要となった場合は、3種類の抗生物質を毎日2回、1週間続けて”確実に服用”することで、高い確率で除菌できます。入院は必要ありません。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top