福岡のニュース

お雑煮のもち「焼く」のか「煮る」のか、もちは「丸」か「四角」か

地域別「お雑煮」福岡

お正月、「おせち」と並んで食卓を飾るものといえば「お雑煮」です。そして「お雑煮」といえば、全国各地域で色々な食し方がある”お雑煮文化”を形成していることでも有名です。

ちなみに、福岡で「お雑煮」というと、あごだしスープに「もち」や「ブリ/鶏肉」、そして福岡限定の野菜”かつお菜”を入れるのが一般的です。

Jタウン研究所では、地域別の「お雑煮」の違いについて、全国のユーザーからの投票結果を元に分析、結果を公開しました。

まずは「もちの形」です。あくまで多数派という観点からの結果ですが、東日本が角もち、西日本は丸もちと見事に分かれます。九州では、長崎と大分が角も丸も同じくらい使う地域のようです。

次に、もちを「焼く」か「煮る」かです。”焼いて入れる”のか、それとも”焼かずにそのまま煮る”のか、というところにも地域差があります。ここも多数派ということで見た場合、大きく分けて、東は焼く、西は煮る、となります。

九州で見た場合、福岡・佐賀・宮崎・鹿児島は”煮る派”が多く、長崎・熊本は”焼く派”が多数派、大分は煮ると焼くがほぼ拮抗しています。

こうして見ると、福岡県民のお雑煮に入れる”もち”の多数派は、”形は丸で、煮て食べる派”ということになります。おそらく、県内でも家庭や個人によって様々だと思いますが、あなたの場合はいかがでしょうか?

・お雑煮の「もち」四角いですか?丸いですか?|Jタウン研究所
・お雑煮のもちを「焼く」県「煮る」県|Jタウン研究所

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top