福岡のニュース

初夢の定義について

初夢の定義について

元旦の朝に目覚めた際、おぼろげながら覚えている「初夢」が、思いのほかパッとしなくて、やや落胆している筆者ですが、後になってよくよく調べてみると、どうも「初夢の定義」を捉え違えていることに気づきました。

これまで、初夢=元旦の起床時に見た(覚えている)夢、という定義を自分なりに信じていたのですが、実際の初夢とは、”新年のある夜に見る夢“だそうです。さらに、現代においては、元日から2日の夜、または2日から3日の夜に見る夢とされることが多いとのこと。

であれば、初夢が期待と違っていて残念だと思っている人たちにも、まだチャンスが残されているということです。

「初夢」はその年1年の吉凶を占う風習があるだけに、今夜は、素晴らしい夢を見ることができますようにと祈念して眠りにつきたいと思います。

初夢の定義について、江戸時代には「大晦日から元日」「元日から2日」「2日から3日」の3つの説が現れましたが、江戸時代後期には「2日から3日」が主流となり、明治の改暦後は「元日から2日」とする人が多くなりました。
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top