福岡のニュース

菅原文太さん死去 81歳

転移性肝がんによる肝不全のため、元俳優の菅原文太さんが28日午前3時に都内の病院で亡くなられました。81歳でした。11月30日に福岡の太宰府天満宮で家族葬が行われました。菅原文太さんは宮城県仙台市の出身。ファッションモデルを経て、映画俳優としてデビュー。「仁義なき戦い」や「トラック野郎」など映画史に残る作品を残されました。

故郷の宮城県が被災したときは、苦しい生活の続く人々が多いなか「今は映画を撮っている時じゃない」と自戒。2012年11月に俳優業を引退されていました。晩年は、福岡市に住んでいたこともあり、太宰府天満宮祖霊殿で家族葬が行われました。

妻の文子さんは、「7年前に膀胱がんを発症して以来、以前の人生とは違う学びの時間を持ち『朝に道を開かば、夕に死すとも可なり』の心境で日々を過ごしてきたと察しております。『落花は枝に還(かえ)らず』と申しますが、小さな種を蒔(ま)いて去りました。1つは、先進諸国に比べて格段に生産量の少ない無農薬有機農業を広めること。もう1粒の種は、日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、共に声を上げることでした。すでに祖霊の1人となった今も、生者とともにあって、これらを願い続けているだろうと思います。恩義ある方々に、何の別れも告げず旅立ちましたことを、ここにおわび申し上げます。」とのメッセージ(原文)を綴っています。

3516
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top