福岡のニュース

JR九州で実施中の「タッチ決済実証実験」にJCBとAmerican Expressを追加へ

JR九州で実施中の「タッチ決済実証実験」にJCBとAmerican Expressを追加

JR九州、JCB、三井住友カード、日本信号、QUADRACの5社では、JR九州の一部区間において、自動改札機を利用した鉄道乗車の実証実験に、JCBおよびAmerican Expressのタッチ決済を追加すると発表しました。なお、本件はJCBおよびAmerican Express として国内の鉄道における初の実証実験です。

JCB・American Expressは、2022年12月5日(月)より実施できます。Visaに関しては2022年7月22日(金)より実施中です。

https://q-move.info/

対象駅は、鹿児島本線 博多駅(中央改札口・北改札口)、吉塚駅、箱崎駅、千早駅、香椎駅(1階改札口)です。タッチ決済については、対象5駅の相互区間内での利用に限ります。

利用方法
上記対象ブランドのタッチ決済機能付きカードやスマートフォン等を、自動改札機に設置の専用機器に入場時および出場時にかざすことで列車を利用できます。

JR九州で実施中の「タッチ決済実証実験」にJCBとAmerican Expressを追加

タッチ決済乗降履歴確認方法
交通事業者向け決済及び認証のプラットフォームを提供するQUADRACのQ-moveサイトにアクセスし、「マイページ」の会員登録手続き完了後、確認可能となります。

JR九州で実施中の「タッチ決済実証実験」にJCBとAmerican Expressを追加

Q-move 公式サイト

この記事の情報は2022年12月1日(木)時点での内容です。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top