福岡のニュース

午後の部は自由に参加可、地下鉄七隈線延伸、新駅舎・新型車両見学会を開催

地下鉄七隈線延伸、新駅舎・トンネル・新型車両見学会を開催

福岡市地下鉄では、2023年3月27日にむかえる七隈線延伸開業の100日前記念イベントとして、新しく建設された駅舎や新型車両を見学することができる「地下鉄七隈線延伸 新駅舎・新型車両見学会」を、2022年12月18日(日)に実施すると発表しました。

同見学会は「午前の部」と「午後の部」があり、11月20日時点で「午前の部」の受付け(事前受付/申込み多数の場合は抽選)は終了していますが、「午後の部」に関しては事前の申込みは不要で、自由に参加できます。

「午後の部」の開催時間は、13時00分から16時00分(最終入場 15時30分)で、見学施設は、新駅舎(櫛田神社前駅)と新型車両(3000A系)です。※混雑状況によっては入場制限が行われる場合があります。

「午前の部」と異なり、トンネル見学はできませんが、車両内からトンネルを見ることができます。

また、当日は、地下鉄公式グッズ等の販売が行われるほか、櫛田神社駅舎公開記念の「特選色はやかけん〈イチョウ〉」が先着1000名限定で販売されます。

参加にあたっては、汚れても良い、動きやすい服装を着用しましょう。見学地は足場の悪いところがあるため、スニーカーなど、靴底がしっかりとした滑りにくい靴で参加しましょう。

災害の発生、または災害の発生の恐れが生じた場合や、新型コロナウイルスの感染症拡大状況、その他、特別な事情が発生した場合には中止となる場合があります。その際は、地下鉄ホームページや福岡市地下鉄【公式】Twitter(@Chikamaru_info)にて情報が掲示されます。

福岡市地下鉄 ホームページ

この記事の情報は2022年11月20日(日)時点での内容です。

3619
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top