福岡のニュース

トリアス、シャトレーゼやミスタードーナツなど新規出店が加速

トリアス、シャトレーゼやミスタードーナツなど新規出店が加速

郊外型ショッピングセンター トリアス(福岡県糟屋郡久山町)に今、出店の引き合いが高まっています。福岡東エリアの人口増加を追い風に、コロナ禍でも施設年商が伸び続け固定顧客の安定した事業基盤が再評価されていることが要因のひとつです。

トリアス、シャトレーゼやミスタードーナツなど新規出店が加速

トリアス、シャトレーゼやミスタードーナツなど新規出店が加速

郊外型ショッピングセンター「トリアス」とは
1999年4月23日開業、敷地面積 274,000m²/商業施設面積 99,385m²と、郊外型ショッピングセンタ―では、日本最大級の規模を誇ります。核テナントとして「コストコホールセール」日本1号店をはじめ、「ユナイテッド・シネマ」「ホームセンター ナフコ」「ベスト電器」「フードウェイ」などを筆頭に「GAP」「ABC-MART」「モンベル」「ライトオン」「JINS」などのテナント約90店舗にて構成されています。アメリカナイズなオープンモールとして、一つ一つの店舗面積が広いことも特徴的です。

郊外型ショッピングセンターがまだ珍しい1999年に開業したトリアスは、商圏範囲10kmをコアターゲットとし、区別人口数最多の福岡市東区に隣接したエリアに位置します。

集客エリアは福岡市全域はもちろん、2015年の国勢調査で人口増加率が全国1位の新宮町や人口増加が進む福津市、飯塚市に囲まれています。開業23年という開発の先行者利益が強く、固定顧客の安定した来場と人口増加による新規来場獲得が今後も見込まれています。

直近では、大手ドーナツチェーン「ミスタードーナツ」の新規出店や、11月14日(日)には新棟にて菓子チェーン「シャトレーゼ」が新規出店。その他にも県内で強いマーケットを有するタケノ社の新ブランド店舗なども新規出店します。

トリアス、シャトレーゼやミスタードーナツなど新規出店が加速

トリアス 公式サイト

この情報は2022年11月14日(月)時点での内容です。最新の情報は公式サイト等から確認をお願いします。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

31190
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top