福岡のニュース

福岡市が燃料電池自動車に同乗できるイベント開催

20141017-007

福岡市は18日(土)、環境にやさしい「次世代自動車」を体感できる展示試乗会を開催します。場所は市役所西側ふれあい広場の南側(中央警察署・大丸福岡天神店側)です。

燃料電池自動車とは、水素と酸素を化学反応させて発電する「燃料電池」を搭載し、モーターによって走行するクルマです。ガソリンに代わる燃料である水素は、環境にやさしく、さまざまな原料からつくることができるエネルギーであり、次世代へ向け注目されています。

燃料電池自動車に関しては、トヨタ自動車が12月に世界に先駆けて発売すると発表し、話題となりました。年間生産台数が約700台のところ、購入希望者台数が1000台近くにのぼっているそうです。

同社によると、発売する燃料電池自動車は、給油にあたる水素補給に要する時間が約3分、1回の補給で約650キロ走行可能だとしています。

次世代自動車☆展示試乗会|福岡市

1317
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top