福岡のニュース

ペットボトルからスプーンを作る方法

なんらかの事情で野外での食事となった際、食べ物はあるけど、お箸もスプーンもない!という場合、ペットボトルを使った簡易スプーンの作り方を知っておくと便利かもしれません。

本来、使用済みのペットボトルは、キチンと洗ってリサイクルに出すのが基本です。今回ご紹介する動画は、あくまで緊急時の場合を想定しており、平時に同様のことを行うのは好ましくありません。

使用するのは「ペットボトル」「ハサミ付きの野外用ナイフ」「ライター」の3つです。まず始めにペットボトルのラベルをはがし、切り取る場所を確認します。

20141015-yt001

次に野外用ナイフのハサミを使って、ペットボトルの上1/3をカットします。次に下部をスプーンっぽくなるよう切っていきます。

20141015-yt002

切り出したスプーンっぽいもの。

20141015-yt003

ライターの火を使ってプラスチックに熱を加えます。あまり熱しすぎると溶けてしまったり、火傷の心配もありますので、軽く炙る程度でオッケーです。

20141015-yt004

熱で多少やわらかくなったところで、よりスプーンらしくなるよう、変形させて完成です。

20141015-yt005

災害などで野外に避難した際、怪我をした人に食事の介護をする場合、スプーンの存在はありがたいものです。雑学として知っておいて損はないでしょう。

・YouTube「How to Make an Emergency Spoon

3891
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top