福岡のニュース

竹下製菓×宮島醤油「ブラックモンブランがカレーになりました」販売スタート

竹下製菓×宮島醤油「ブラックモンブランがカレーになりました」販売スタート

宮島醤油(本社:佐賀県唐津市)では、竹下製菓(本社:佐賀県小城市)とコラボレーションした企画商品として、「ブラックモンブランがカレーになりました」を2022年10月1日に販売開始したと発表しました。

宮島醤油は、明治15年(1882年)佐賀県唐津市で醤油の醸造所を創業。創業以来、発酵食品を基礎としながら、各種調味料・加工食品の製造・販売をしています。

また、宮島醤油では地域の食材を活用した商品を開発し、製造・販売を行う「地産地工(ちさんちこう)」事業にも取り組んでおり、今回、竹下製菓と協業で同商品を展開します。

1969年の発売以来、ずっと九州の人々に愛され続けてきたブラックモンブラン。そのブラックモンブランをイメージしてカレーで表現。白いご飯にカレーをかけ、さらにブラックモンブランでおなじみのザクザク食感のクランチをかけることで、カレー版ブラックモンブランのできあがりです。カレーとクランチの新しい味わいをお楽しみいただけます。

竹下製菓×宮島醤油「ブラックモンブランがカレーになりました」販売スタート

竹下製菓によれば「カレーとクランチの新しい味わいをお楽しみいただけます」とのことです。

商品の内容量は190g(180g+10g)、西日本エリア先行発売で、価格は税込648円です。

商品の販売店舗については、宮島醬油まで問い合わせをお願いします。電話:0120-836-101(受付時間:土日祝を除く9:00~17:00)。

宮島醤油株式会社
竹下製菓株式会社

この情報は2022年10月5日(水)時点での内容です。最新の情報は公式サイト等から確認をお願いします。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

3651
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top