福岡のニュース

イムズ再開発「(仮称)天神1-7計画」始動

イムズ再開発「(仮称)天神1-7計画」始動

三菱地所は30日、福岡県福岡市中央区天神一丁目において計画中の「(仮称)天神 1-7 計画」に関して、今回「天神ビッグバンボーナス」の認定を受けたことで、計画概要を発表しました。

天神ビッグバンボーナス

天神ビッグバンボーナスとは、天神の魅力向上に資する一定の要件を満たす、魅力あるデザイン性に優れたビルとして認定し、それに応じてインセンティブを付与する制度です。

同計画は、福岡市が進める天神地区に新たな空間と雇用を創出するプロジェクト「天神ビッグバン」を推進するとともに、「感染症対応シティ」や「Fukuoka Art Next」などの取組みを実施し、天神地区の国際競争力向上に貢献するものです。

三菱地所は同計画について、情報受発信基地であったた三菱地所初の単館商業ビル「イムズ」跡地の複合ビル開発プロジェクトとして、天神から福岡、九州、そして世界をリードするまちづくりに取り組んゆくとしています。

計画の特徴

イムズ再開発「(仮称)天神1-7計画」始動魅力あるデザイン性に優れたビル
都市と自然が調和した都市空間の形成を目指し、建物外装に、MEC Industry社が製造する九州産材のCLTのパネルと植栽を有機的に配置した建築デザインとし、渡辺通りに面する敷地南西側の建物低層部には、V字柱と吹き抜け空間をつくり、シンボリックかつランドマーク性の高いデザインを実現。

CLT

Cross Laminated Timber(直交集成板)の略で、木の板の層を各層で互いに直交するように積層接着した大判パネルのことです。

イムズ再開発「(仮称)天神1-7計画」始動
環境に配慮した建物計画
CLTの使用により、炭素固定による地球温暖化防止に貢献するほか、同建物の使用電力は全て再生可能エネルギー由来となります。さらに建物低層部に豊富な緑量の植栽を計画し、自然と共生した都市空間の創出、ヒートアイランド現象の緩和に寄与。

イムズ再開発「(仮称)天神1-7計画」始動

歩行者ネットワークの強化と憩いのある空間づくり
敷地南側に渡辺通りとふれあい広場をつなぐ約500㎡の地上広場、天神地下街とつながる敷地西側に約300㎡の地下広場を整備。また、敷地北東側にシンボリックな緑化柱を配した地上広場が整備されるほか、地上広場と地下広場を円滑につなぐ動線、周辺施設との地下接続通路、建物内地下貫通通路を整備することで、歩行者ネットワークの利便性・回遊性の向上を図ります。また、建物低層部には、植栽と合わせてベンチなどの休憩施設を設け、人々の憩いの空間を創出。

イムズ再開発「(仮称)天神1-7計画」始動

イムズ再開発「(仮称)天神1-7計画」始動

イムズ再開発「(仮称)天神1-7計画」始動

三菱地所株式会社

この情報は2022年8月31日(水)時点での内容です。

7063
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top