福岡のニュース

惜しまれつつ閉店した福岡の名店「ツンドラ」のボルシチが お店の味そのままに待望の缶詰で復活!

惜しまれつつ閉店した福岡の名店「ツンドラ」のボルシチが お店の味そのままに待望の缶詰で復活!

明太子を中心とした食品販売の ふくや(本社:福岡市博多区)では、2021年5月に惜しまれつつ61年の歴史に幕を下ろした天神の老舗ロシア料理店「ツンドラ」の名物メニュー「ボルシチ」を、味わいそのままに缶に詰め込んだ「ツンドラのボルシチ・グランマの味」を、2022年8月19日(金)より販売開始したと発表しました。

惜しまれつつ閉店した福岡の名店「ツンドラ」のボルシチが お店の味そのままに待望の缶詰で復活!

ロシア料理店「ツンドラ」は、1960年に創業者・徳永初美氏が天神で開業。まだ福岡には西洋料理店が数えるほどしかなかった時代、ロシアの伝統料理「ボルシチ」は瞬く間に人気メニューの1つになりました。

創業以来、若かりし頃に初デートで訪れた人、親子三代で通った人、昭和の銀幕スターやプロ野球選手などたくさんのひとたちに愛され、記憶に溶け込み、続いてきた名店は、2021年5月に閉店。惜しまれつつも、61年の歴史の幕を下ろしました。

閉店と同時にお土産用に販売していた「ボルシチ缶詰」の生産もストップ。「ツンドラのボルシチ」は記憶の中だけの味となってしまったのです。

惜しまれつつ閉店した福岡の名店「ツンドラ」のボルシチが お店の味そのままに待望の缶詰で復活!

10年以上の間「ボルシチ缶詰」を販売していた ふくや にも、閉店を惜しむ声と、缶詰の再販を望む声が集まりました。そんな中、創業家の徳永氏がレトルトでボルシチを復活させようとしているという話を聞き、ふくやも復活に向けた後押しをすることに。そしてツンドラの閉店から半年後、レトルトタイプのボルシチの販売が実現。手軽に懐かしい味が楽しめると多くのファンが買い求めました。

関連記事:5月に閉店した老舗ロシア料理の人気店「ツンドラ」看板メニュー「ボルシチ」がレトルトパウチで待望の復活

ただ、レトルトでの復活を果たしたものの、当時から店舗でお土産として販売していた「缶詰タイプ」を望む声は根強く、ふくや としても何とか実現できないかと商品開発を進めてきました。創業家の徳永氏に再度協力を仰ぎ、使用する具材や味づくりはもちろん、具材のカット方法など、細部にもこだわり、試行錯誤の末にようやく納得の味にたどり着きました。

缶詰のパッケージは当時のデザインを踏襲しながらも、今の時代のテイストも取り入れた“懐かしくも新しい”デザインに生まれ変わりました。今までも、そして、これからも語り継がれていくツンドラのボルシチを表すパッケージになっています。

折しも、2022年7月「ボルシチ」がユネスコの無形文化遺産に登録されて間もないこのタイミングでの発売となりました。世界で、そして福岡の地で、多くの人に愛されてきたボルシチを是非!味わってみてはいかがでしょうか。

惜しまれつつ閉店した福岡の名店「ツンドラ」のボルシチが お店の味そのままに待望の缶詰で復活!

商品は、ふくや直営店、ネットストアにて購入できます。内容量450g、価格は税込900円です。

ツンドラのボルシチ・グランマの味|ふくや

この情報は2022年8月19日(金)時点での内容です。最新の情報は公式サイト等から確認をお願いします。

2404
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top