福岡のニュース

真っ赤に熟れた日本の夏の味!カフェコムサから山形県尾花沢市産「すいかのケーキ」が登場

真っ赤に熟れた日本の夏の味!カフェコムサから山形県尾花沢市産「すいかのケーキ」が登場

コムサが展開する「カフェコムサ」は、日本全国の産地、農園の厳選した旬の美味しいフルーツを使用して、日本の四季を感じられるアート感覚溢れるケーキを提案しています。2022年8月9日(火)から8月下旬まで、山形県尾花沢市産のすいかを使用したケーキが展開されます。

県内は、井筒屋小倉店 本館5階、カフェコムサ小倉井筒屋店が取り扱います。

すいかの生産量全国第三位の山形県ですが、夏スイカの生産量としては日本一を誇ります。その主な産地である山形県尾花沢市は、西に最上川、東に奥羽山脈が位置する盆地です。盆地特有の寒暖差と、栄養豊富な黒土が、シャリシャリとした食感で水分が多く、甘みが強いすいかを育んでいます。

今回登場する「山形県 尾花沢市産 すいかのケーキ」は、シャリっとした食感で、みずみずしく甘い山形県尾花沢市産のすいかを、抹茶ムースと合わせてカスタードクリームのベースに飾り付けた一品。今が旬のすいかの美味しさを堪能できるケーキです。

ベースはカスタードクリーム、価格は1,000円(税込・1ピース)

カフェコムサ ブランドサイト

この情報は2022年8月8日(月)時点での内容です。最新の情報は公式サイト等から確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top