福岡のニュース

目標は1億円!福岡市内唯一の通年リンク「パピオアイスアリーナ」再開を目指しクラウドファンディング開始!

老朽化のため休館している福岡市のスケートリンク「パピオアイスアリーナ」の営業再開を目指して、福岡県スケート連盟などは、ネットを通じて資金を募るクラウドファンディングを、2022年7月12日(火)から始めました。

「パピオアイスアリーナ」は、福岡市内で唯一、年間を通して利用できるスケートリンクとしてオリンピックなどを目指す選手の重要な拠点となってきましたが、老朽化した設備の更新費用およそ5億円を単独では賄えず去年7月から休館しています。

福岡県スケート連盟などはきょう記者会見を開き、リンクの営業再開を目指して更新費用の一部を集めようと、ネットを通じて広く一般から資金を募るクラウドファンディングを始めると発表しました。
目標金額は1億円で、期間は、2022年9月30日(金)までです。営業が再開された場合、支援額に応じてアイスショーなどに招待されるということです。

福岡県スケート連盟の福留富枝理事長は「パピオアイスアリーナの休館で満足に練習時間をとれない選手もいる。みなさまの支援をお願いしたい」と話していました。

パピオアイスアリーナの運営会社は、明日、県と福岡市に営業再開に向け支援を要請する予定で、今後、行政からも支援を得られるかどうかが焦点となります。

▶ クラファン支援はこちら

▶ 特設サイトはこちら
▶ NHKNEWSWEB

この情報は2022年7月13日(水)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

1643
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top