福岡のニュース

西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定

西鉄では、2022年8月28日(日)の始発電車より、西鉄天神大牟田線の雑餉隈駅から下大利駅間において、電車の運行を高架に切り替えると発表しました。

西鉄天神大牟田線連続立体交差事業は、福岡県および福岡市が主体となり、2003年から事業を開始しています。今回の高架化により、19箇所の踏切が無くなり、踏切による交通渋滞が解消します。

また、下大利駅については、新駅舎が供用開始となり、それ以外の駅3駅では改札からホームまでの通路が変更となります。なお、新駅は2023年度後半開業予定です。

高架切替作業に伴い、西鉄福岡(天神)~筑紫間(太宰府線含む)において、2022年8月27日(土)の最終電車の繰り上げおよび2022年8月28日(日)の始発電車の繰り下げが実施されます。

8月27日(土)については、22時30分西鉄福岡(天神)発大牟田行き急行列車が最終となります。8月28日(日)は7時30分頃から順次運行が開始されます。なお、両日ともに、筑紫~大牟田間(甘木線含む)は、通常ダイヤで運行されます。

また、高架切替同日<8月28日(日)>に、西鉄天神大牟田線のダイヤ改正を実施。高架切替に伴い、当該区間を運行する電車の運行時間が最大2分短縮となります。また、一部時間帯において、利用状況に合わせて運行本数の見直しが行われます。

ダイヤ改正の詳細については、7月下旬頃、西鉄グループホームページにて公開される予定です。

高架切替について

切替日
2022年8月28日(日)
※当日荒天等の場合は、2022年9月4日(日)に延期予定

変更箇所
高架区間の駅において、改札および通路等が変更となります。下大利駅は高架化に合わせて新駅舎となります。※新駅舎の運用開始時の出入り口は、西側のみとなります。東口の運用開始日については、決まり次第、発表されます。

<下大利駅>
高架化に合わせて、新駅舎となります。

西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定

<雑餉隈駅>
高架ホームとなるため、改札からホームまでの通路が変更となります。

西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定

<春日原駅>
高架ホームとなるため、改札からホームまでの通路が変更となります。

西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定

<白木原駅>
高架ホームとなるため、改札からホームまでの通路が変更となります。

西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定

<高架切替に伴うダイヤ変更(運休)について>

運休
高架切替工事に伴い、西鉄福岡(天神)~筑紫間(太宰府線含む)において、以下の通り、最終電車の繰り上げおよび始発電車の繰り下げが実施されます。※停車駅は主要駅のみ記載。

<8月27日(土)>
上記区間において、以下の運行が最終列車となります。
(下り)
西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定
(上り)
西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定

<8月28日(日)>
上記区間において、以下の運行が始発列車となります。なお、28日(日)より新ダイヤで運行されます。
(下り)
西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定
(上り)
西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定

※高架切替工事に伴う時間調整のため、筑紫駅にて、約12分停車します。

両日ともに、筑紫~大牟田間(甘木線含む)は、通常ダイヤで運行。運休ダイヤの詳細につきましては、7月下旬頃に発表されます。

■ ダイヤ改正の概要について

対象路線
西鉄天神大牟田線
ダイヤ改正日
2022年8月28日(日)
主な内容
高架化に伴い、高架区間の運行時間が最大2分短縮します。

西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定

一部時間帯において、利用状況に合わせて運行本数が見直されます。甘木線、太宰府線含む西鉄天神大牟田線全体での運行本数推移は以下の通りです。

西鉄天神大牟田線連続立体交差事業「高架切替日」が決定

各駅の時刻表など、運行ダイヤの詳細については、7月下旬頃、以下の西鉄グループホームページ、および各駅にて”お知らせ”が掲出されます。

西鉄グループホームページ

この情報は2022年7月5日(火)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

21779
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top