福岡のニュース

キルフェボン、創業30周年記念タルトの第7弾は「福岡店スタッフが考案したタルト」期間限定発売へ

キルフェボン、創業30周年記念タルトの第7弾は「福岡店スタッフが考案したタルト」期間限定発売へ

キルフェボン社(本社:静岡県静岡市)では、同社が展開するフルーツタルト専門店「キル フェ ボン」にて、昨年の2021年10月から2022年10月までの1年間、創業30周年を記念した様々な企画を開催しています。

その1つとして、各店舗それぞれが考案したタルトを2022年1月より1ヶ月ごとにメニューを変えて販売しており、今回は第7弾として、キルフェボン福岡店スタッフが考案したタルトを、2022年7月1日(金)から7月31日(日)の期間、全国10店舗にて販売すると発表しました。

キルフェボン、創業30周年記念タルトの第7弾は「福岡店スタッフが考案したタルト」期間限定発売へ

夏らしく、すももと桃をメインにプリンアラモードをイメージしたタルトとなっており、まろやかなプリンとほろ苦いカラメルソース、ホイップクリームとフルーツの組み合わせを楽しむことができる一品です。

キルフェボン、創業30周年記念タルトの第7弾は「福岡店スタッフが考案したタルト」期間限定発売へ

どこか懐かしさを感じるデコレーションは、ヘタ付きのサクランボと、ふんわり絞ったホイップクリームでプリンアラモードを表現。さらにタルト縁のすももは、福岡の県花でもあり、県章(県を表すシンボルマーク)のモチーフにもなっている“太宰府の梅”がイメージされています。

※仕上げに使用された「さくらんぼ」には種が入っています。食す際には種に注意しましょう。

価格は、piece 831円/25cm whole 8,316円 ※金額は税込み、カフェ利用の場合は税率が異なります。

考案者コメント

キルフェボン、創業30周年記念タルトの第7弾は「福岡店スタッフが考案したタルト」期間限定発売へ

今が旬のすもも、桃をカスタードプリンと組み合わせ、みんなが大好きな味に仕上げました。ヘタ付きのサクランボと、ふんわり絞ったホイップクリームで、どこか懐かしいプリンアラモードを表現しています。

また、福岡の県花でもあり、県章のモチーフにもなっている“太宰府の梅”をイメージして、タルトの縁にすももをデコレーションしました。カスタードプリンに欠かせないカラメルソースは、主張し過ぎないようにしつつもほろ苦さを残すことに
苦戦しましたが、納得のいくバランスに仕上がりました。

プリンアラモードの“アラモード”には“最新の流行”などという意味があります。福岡考案タルトがこの夏の流行りになれますように!という思いを込めて。是非ご賞味ください!

店舗情報

キルフェボン、創業30周年記念タルトの第7弾は「福岡店スタッフが考案したタルト」期間限定発売へ

キル フェ ボン福岡
福岡市中央区天神2丁目4-11 パシフィーク天神1F(地図はこちら

2006年7月オープン。キルフェボン唯一の九州地方店舗です。福岡の中心地、天神にあり、メインストリートから1本入った落ち着いた通りに店を構えます。建物の角に面する入り口は数段の階段があり、1段登るごとにお客様の気持ちも高まるような造りです。九州各地から様々な方が訪れ、店内は明るい雰囲気に包まれています。

キルフェボン ブランドサイト

この情報は2022年6月25日(土)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

4063
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top