福岡のニュース

雨の時期を愛でるひとときを「御花」名勝庭園を眺めながら愉しむお茶会プランを販売

株式会社 御花(柳川市新外町1番地/代表取締役社長 立花千月香)は、梅雨の時期を愛でるひと時を過ごせる「名勝庭園を眺めながら愉しむお茶会プラン」を、2022年6月6日(火)より販売、5月27日(金)より予約を開始いたします。

草木や穀物を育み、日本の建築をしっとりと美しく魅せる梅雨の時期。御花の松濤園では、松がしっとりと潤い、深い緑が心を癒してくれます。そんな雨の時期を愉しむためのプランを作りました。 本プランでは、明治後期に整えられた、松が見事な名勝庭園、「松濤園」を貸し切りで愉しめるかつてのお殿様のお部屋で、「八女伝統本玉露」のデモンストレーションや、6月に新茶の時期を迎える「千代乃園」の新茶2種と「茶餐無垢」の濃茶のテリーヌをお召し上がりいただけます。

少しひと休みしたくなる梅雨の時期だからこそ、松の深い緑に癒されながら、ゆっくりとお過ごしいただけます。※チェックイン日の 14時半ごろに御花にお越しいただくプランです。 ■今回のプランでご用意している八女茶について
・八女伝統本玉露
20 年連続「玉露の部」にて日本一に輝いているお茶です。効率的とは真逆の伝統的な育て方にこだわることで、複雑で深い旨みを守り続けています。まるで出汁のような旨みの強いこのお茶を、2 煎目まで、そして最後は自家製のポン酢とともに茶葉までお召し上がりいただきます。
・千代乃園の新茶 2 種
福岡県八女市矢部村でお茶作りを営む「千代乃園」。茶畑のある山々は夏でも涼しく、冬は雪に覆われます。新茶が芽吹く時期が自然と遅くなることから、害虫が少ない地域的特徴を活かし、農薬不使用・化学肥料不使用での自然に近い丁寧なお茶の栽培を行っています。

名勝庭園を眺めながら愉しむお茶会プラン
販売日:2022年6月6日~7月14日
予約開始:2022年5月27日(金)から
料金: 朝食付き: 14,390 円~/2 食付き: 26,490 円~
(2名1室利用時 1名あたり、税・サービス料/宿泊料込)
予約:公式サイト(https://ohana.co.jp/)にて予約
定員:1 日 2 組限定

柳川藩主立花邸 御花
約 300 年の大名文化を受け継ぐ、水都柳川にある老舗料亭旅館。現在、邸宅と庭園を含む約 7000 坪の敷地全体が国指定名勝に指定されており、今も立花家が守り続けている文化的価値の高い空間で特別な体験を提供しています。

会社名:株式会社御花
本社住所:〒832-0069 福岡県柳川市新外町 1 番地
代表:立花千月香
事業内容:宿泊業、ブライダル事業、飲食業

▶ 株式会社 御花

この情報は2022年5月25日(水)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

1261
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top