福岡のニュース

九州初の都市型ワイナリー、博多駅から300歩のJRJP博多ビル2階にオープンへ

九州初の都市型ワイナリー、博多駅から300歩のJRJP博多ビル2階にオープンへ

タケノ(本社:福岡市博多区)では、2022年5月20日(金)に、九州初となる都市型ワイナリー「博多ワイン醸造所 竹乃屋」を、JRJP博多ビル2階にオープンすると発表しました。

九州初の都市型ワイナリー、博多駅から300歩のJRJP博多ビル2階にオープンへ

ワインとぐるぐるとりかわのマリアージュをテーマに、博多の焼鳥をセレクトワインと楽しめるワイナリー併設の居酒屋として展開されます。また、6月から店内醸造所でワイン醸造を開始予定で、9月頃には店内醸造した樽出し生ワインも楽しめます。

九州初の都市型ワイナリー、博多駅から300歩のJRJP博多ビル2階にオープンへ

九州初の都市型ワイナリー、博多駅から300歩のJRJP博多ビル2階にオープンへ

月間80万本売り上げる「博多ぐるぐるとりかわ」など居酒屋竹乃屋の焼き鳥をはじめとする料理と、ソムリエのセレクトワインを味わえるほか、ワインショップで購入したワインを、プラス990円でレストランスペースで楽しむこともできます。

メニュー例

博多ぐるぐるとりかわ
税込165円
樽出し生ワイン3種飲み比べ
税込979円
樽出し生ワイン3種飲み比べマリアージュセット
税込1,419円
60種類以上のボトルワイン
税込1089円~
グラスワイン
税込539円均一

その他、ワインと竹乃屋の料理を楽しむことができます。

博多ワイン醸造所

九州初の都市型ワイナリー、博多駅から300歩のJRJP博多ビル2階にオープンへ

九州初となる都市型ワインワイナリー。新型コロナの影響により、スロベニアから輸入のワイン醸造タンクの入港が遅れ、4月26日に設置完了。当初の計画から3ヶ月遅れの開業となり、6月から店内醸造を開始し9月に販売・提供を開始予定。

セレクトワインショップ

九州初の都市型ワイナリー、博多駅から300歩のJRJP博多ビル2階にオープンへ

ソムリエの厳選60種類以上のボトルワインを取り揃えるほか、樽出し生ワインの量り売りも実施。濾過や加熱処理を行った瓶詰ワインでは味わえない「生ワイン」のおいしさを楽しめます。※店内醸造のワインの販売開始は9月頃を予定。

Instagram|博多ワイン醸造所 竹乃屋

この情報は2022年5月9日(月)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top