福岡のニュース

大丸福岡天神店で“九州の一番、唯一”をテーマにした「九州深発見フェア」開催へ

2018年6月に大丸福岡天神店でスタートした、九州中に溢れる「モノ」「コト」を発掘・発信することで九州全体の活性化を目指すプロジェクト「九州深発見」。今回は九州中の逸品を取り揃え、2022年4月6日(水)から19日(火)までの期間に“九州の一番、唯一”をテーマにした「九州深発見フェア」が開催されます。

期間中、本館地下2階では南国柑橘に特化したスイーツが期間限定で登場。これまでに見たことない、柑橘フルーツが大胆に使用された絶品スイーツが店頭に並びます。

「奄美たんかん」は鹿児島県奄美市に自生しています。果肉がやわらかく香りが爽やかなのが特徴です。温暖なところでしか栽培できないため、鹿児島県は栽培面積・生産量とも全国一。温暖さは必要ですが、甘さをさらに引き出すためには「寒暖差」が大切。島の実に8割が山間部である奄美大島は、まさにたんかんのベスト産地です。

大丸福岡天神店で“九州の一番、唯一”をテーマにした「九州深発見フェア」開催へ

▲奄美たんかんタルト「パティスリー イチリュウ」
サクサクのタルトの上に奄美たんかんを丸ごと飾った一品。たんかんの中にはカスタードクリームが入っています。たんかんを丸ごとひとつ使った贅沢タルトはプレゼントしても喜ばれること間違いなしです。
1個 税込486円

大丸福岡天神店で“九州の一番、唯一”をテーマにした「九州深発見フェア」開催へ

▲あんぽーね大福×たんかん「京都祇園あのん」
芳醇な香りのたんかんと爽やかな酸味のクリームとたっぷりあんこの相性が抜群。大福からはみ出したは華やかで食べ応えも十分です。
1個 税込270円

「大将季」は、鹿児島県奄美市で栽培されており、従来のデコポンに比べ、果皮や果肉が赤味を帯びている、鹿児島県オリジナル品種です。むいた瞬間の香りが強く、ほんのり酸っぱさを残しながらも、糖度が高くコクのある味わいが特徴です。

大丸福岡天神店で“九州の一番、唯一”をテーマにした「九州深発見フェア」開催へ

▲大将季の福「衹をん ににぎ」
濃厚な甘酸っぱさが特徴の大将季をさっぱりとした白餡とふわふわのおもちで包んだ一品。フルーツ大福ブランドの”ににぎ”が作る「大将季の福」は格別です。噛んだ瞬間に果汁が溢れ出す大将季の福を味わうことができます。
1個 464円

「辺塚だいだい」は、鹿児島県大隅半島で自生しています。果皮が薄く柔らかくジューシーで果皮・果肉とも鮮やかなグリーンで彩り鮮やか。果皮はライムに似た香りがあり、やわらかな酸味が特徴です。

大丸福岡天神店で“九州の一番、唯一”をテーマにした「九州深発見フェア」開催へ

▲唐芋レアケーキ DeDe「だいだい」「フェスティバロ」
酸味の強い「辺塚だいだい」の特徴を活かし、クリームチーズとヨーグルトを加え、すっきりテイストの唐芋レアケーキに仕上げた一品です。
5個入 1,100円

※上記、いずれも原材料の入荷状況により販売できない日や、期間中に販売が終了する場合があります。

大丸福岡天神店 公式サイト

この情報は2022年3月31日(木)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

6139
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top