福岡のニュース

大川市の関家具、賃貸でも壁掛けTVにできる「TVボード」発売

大川市の関家具、賃貸でも壁掛けTVにできる「TVボード」発売

関家具(本社:福岡県大川市)では、同社の家具ブランド NIPPONAIRE より、現代のライフスタイルにあわせた新しいTVボード、MORDEN(モーデン)を販売開始しました。

NIPPONAIRE(ニッポネア)
家具産地・福岡県大川市を拠点にする関家具が展開する、日本製にこだわったオリジナル家具のブランドです。家具卸売業日本一として培ったノウハウから、日本全国の家具産地を結び、各メーカーの得意分野の商品を企画。高いクオリティと、ユーザーにも伝わるデザインでオールジャンルの国産家具を販売しています。

今回販売を開始したTVボード MORDEN(モーデン)は、新しい試みの設計となっており、TVを載せるのではなく、掛けるためのローボードです。リビングルームはインテリアの中⼼です。その中で、TV周りはメインの目線となります。そのため、TVは壁掛けにしてスッキリとみせることが人気のスタイルです。

とはいえ、さまざまハードルがあるのが壁掛けタイプ。まず第一点が工事が必要なことです。壁に穴をあけ金具をつけるタイプがほとんどのため、賃貸などの場合はなかなか選択できませんでした。また、工事をしてしまうとレイアウトの変更は効きませんので、その点も課題となってきます。中には、金具付きのTVボードも販売されていますが、とにかく大型の物が多いジャンルです。サイドキャビネットや上部についたボックスの収納力は魅力的ですが、圧迫感は否めません。

大川市の関家具、賃貸でも壁掛けTVにできる「TVボード」発売

MORDEN(モーデン)は、壁掛けタイプでありながら、スッキリとコンパクトなサイズ感です。最近では、Blu-rayレコーダーのサイズが小さくなっており、本体を浅くすることが可能となりました。また、そもそもレコーダー自体をもっていないライフスタイルも増えてきており、収納スペースは最低限に設計。本体が浮いているように見せるため、台輪部分の形状にもこだわっているのが特長です。

大川市の関家具、賃貸でも壁掛けTVにできる「TVボード」発売

本体は、ウォールナットとホワイトオークの2種類のマテリアルから選ぶことができます。ニッポネアでは定番となっていますが、左側のフラップ扉には突板ガラスを採用しているため、扉を閉じた状態でもリモコン操作が可能となっています。バックパネル部分には、石目調のメラミン化粧板をもちいることで、アクセントウォールのようにインテリアに組み込むことができます。

大川市の関家具、賃貸でも壁掛けTVにできる「TVボード」発売

付属する取り付け⾦具は、チルトタイプを採⽤していますので、用途にあわせて調整が可能です。

耐荷重:35kg、対応インチ数:32~65インチまで、VESA規格:200×200~400×400まで対応、上下可動角度:下方向12°

TVの配線はバックパネルにもうけた配線孔から背面に配線可能
TVの配線はバックパネルにもうけた配線孔から背面に配線可能
背面も大開口タイプなので、セッティングしやすい
背面も大開口タイプなので、セッティングしやすい
側面には切り欠きがあるため、壁にピッタリとつけることができます
側面には切り欠きがあるため、壁にピッタリとつけることができます
180TV モーデン WN
180TV モーデン WN
200TV モーデン OAK
200TV モーデン OAK

価格:165,000~195,000円(税別)

TV BOARD MORDEN|テレビボード モーデン

弊サイトでは、記事内でご紹介した商品販売ページから、アフェリエイト報酬や売上に応じたバックマージン等を得ることは一切ありません。あくまで読者の皆様への”お役立ち情報”として掲載しています。

この情報は2022年3月16日(水)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

2673
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top