福岡のニュース

久留米市に初出店「JINSゆめタウン久留米店」オープン日決定

久留米市に初出店「JINSゆめタウン久留米店」オープン日決定

ジンズ社(本社:東京都千代田区)は11日、福岡県久留米市に初出店となる「JINSゆめタウン久留米店」を、2022年3月17日(木)午前10時にオープンすると発表しました。店舗の場所は、ゆめタウン久留米 2Fです。

2001年にアイウエア事業に参入して以来、それまでの常識を打ち破る価格体系や高いデザイン性、視力矯正以外の付加価値を持たせた商品開発など、新しい価値を提供することで成長を続けてきた「JINS」。定番からトレンドのフレームまで幅広く取り揃え、高品質の薄型非球面レンズ代込みで5,500円から提供しています。

JINSブランド立ち上げ20周年を迎えた昨年には、全国47都道府県への出店を達成。そして今回、福岡県久留米市内に初出店となる「JINSゆめタウン久留米店」がオープンします。福岡県内の店舗としては20店舗目となります。

久留米市は、福岡県の南部・筑後地方に位置し、福岡市や北九州市に次ぐ人口を擁しています。一級河川の筑後川沿いにあり、久留米市随一の集客力を誇る「ゆめタウン久留米」に新たにオープンする同店は、久留米の伝統工芸などを取り入れ、地域の文化を尊重し、地域に根差す店舗を目指した仕上がりになっています。

久留米絣で染め上げた藍色の什器。鮮やかな藍色が店内のアクセントに
久留米絣で染め上げた藍色の什器。鮮やかな藍色が店内のアクセントに

店頭の什器やカウンターの制作にあたり、国の重要無形文化財に指定されている綿織物「久留米絣(くるめがすり)」の技法に着目。創業から130年以上の歴史を持つ「藍染絣工房」の協力のもと、通常では織物を染める技術を活かして職人が手作業で木材を染色。その藍色の木材で什器やカウンターを作り上げるという新たな試みにチャレンジ。

店内中央の柱面は、筑後川の水面や水面のツヤをイメージした水色の漆喰塗装仕上げ。
店内中央の柱面は、筑後川の水面や水面のツヤをイメージした水色の漆喰塗装仕上げ。

その他にも、久留米絣の綿織物を使用したファブリックボードやスツールを店内各所に配置。店内中央の柱面は、筑後川の水面や水面のツヤをイメージした水色の漆喰塗装で仕上げられています。

藍染絣工房の職人がひとつひとつ丁寧に染め上げています。
藍染絣工房の職人がひとつひとつ丁寧に染め上げています。

JINS ブランドサイト

この情報は2022年3月11日(金)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top