福岡のニュース

博多駅筑紫口にシェアサイクル チャリチャリのドックが登場

JR西日本 博多駅筑紫口にシェアサイクルのドックが登場

neuet社(本社:東京都千代田区)では、JR西日本と連携し、JR西日本 博多駅筑紫口に neuetが運営するシェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」の駐輪ポート設置したと発表しました。

福岡市では2018年2月にサービスがスタート。これまでに累計700万回以上の利用されており、2018年6月からは「福岡市スマートシェアサイクル実証実験」、2020年4月からは「福岡市スマートシェアサイクル事業」の共同事業者として採択。

2021年8月には、東区~アイランドシティへとサービスエリアが拡大したほか、10月からは新たに電動アシスト自転車を導入し、都心部エリアだけでなく広域でより便利に利用が可能となっています。

JR西日本 博多駅筑紫口にシェアサイクルのドックが登場

今回新たに設置された「博多駅筑紫口ポート」は、博多駅から最も近いポートであることから、新幹線を含め、鉄道、地下鉄、バス等既存の公共交通機関との乗り換えが更にスムーズになり、より便利に利用できます。ドック数は32です。

JR西日本 博多駅筑紫口にシェアサイクルのドックが登場

利用方法などについては、以下の公式サイトから確認できます。

チャリチャリ 公式サイト

この情報は2022年3月8日(火)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top