福岡のニュース

ディーン&デルーカ「もったいないバナナ」使用のジュースとマフィン登場

ディーン&デルーカ、「もったいないバナナ」使用のジュースとマフィン登場

ディーン&デルーカでは、同社が展開するカフェ全店舗、一部マーケット店舗にて、シーズナルドリンク「ストロベリーバナナ」の発売に合わせて、ドールのフルーツロス削減を目的としたSDGsの取り組み「もったいないバナナ」プロジェクトに参画すると発表しました。

流通過程で中身には問題なくても規格外であったり、傷があったりで捨てているバナナを使用した「ストロベリーバナナジュース」と、定番商品の「ジューシーバナナマフィン」が、2022年3月1日(火)より登場します。

ディーン&デルーカ、「もったいないバナナ」使用のジュースとマフィン登場

バナナは、日本で最も食べられているフルーツです。その多くが、フィリピンやペルーなど世界の産地から輸入。消費者のもとへ、ちょうどおいしい状態で届けられています。それゆえ、まだおいしく食べられるバナナが、様々な理由で廃棄されているという実情があります。

このような“もったいないバナナ”を1本でも多く、たくさんの人においしく食べてほしいと願うのが、世界各国にフルーツを届ける「Dole(ドール)」です。

フルーツを通して人と地球と豊かさに良い影響を与えることを使命とし、明るい世界のためにDoleが守る約束として“Dole Promise”を表明し、2021年9月に「もったいないバナナプロジェクト」を始動。飲食店に“もったいないバナナ”を提供して商品化したり、加工品にしたりするなどして、2025年までにフルーツ廃棄ゼロを目指してゆくとのことです。

そのアクションの一つとして、様々な食品ロスに向き合ってきたディーン&デルーカともタッグを組み、メニューを開発。春のシーズナルドリンク「ストロベリーバナナ」と、定番商品の「ジューシーバナナマフィン」に“もったいないバナナ”を活かしています。

(右)ストロベリージュース
(左)ストロベリーバナナ ※もったいないバナナを使用
摘みたてのいちごを丸ごと味わう「ストロベリー」と、いちごと完熟バナナのハーモニー「ストロベリーバナナ」。注文後、一杯ずつミキサーにかけてつくるフレッシュジュースは、果実の豊かな風味を丸ごと楽しむことができます。
Sサイズ 各583円(税込)
県内の取り扱い店舗 ディーン&デルーカ アミュプラザ博多

ディーン&デルーカ、「もったいないバナナ」使用のジュースとマフィン登場

ジューシーバナナマフィン
※もったいないバナナを使用
完熟バナナをふんだんに使い、しっとり仕上げたマフィン。焼き上がりにオレンジジュースを染み込ませたオイルベースの生地は、甘酸っぱい柑橘がほんのり香る上品な甘さです。
1個 346円(税込)
県内の取り扱い店舗 ディーン&デルーカ 福岡アミュプラザ博多

Dole|ドール

ディーン&デルーカ、「もったいないバナナ」使用のジュースとマフィン登場

1965年、アメリカで創業。160年以上にわたり、良質なフルーツとフルーツ加工品を届けており、売り手・買い手・世間に利益をもたらす「三方よし」の精神で、フルーツを通じて全ての人に明るい未来を届けることを目指しています。公式サイトはこちら

DEAN & DELUCA|ディーン&デルーカ

この情報は2022年3月2日(水)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top