福岡のニュース

「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」4月25日グランドオープン!

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

三井不動産、九州電力、西日本鉄道が福岡市青果市場跡地において事業を推進する「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」(以下「ららぽーと福岡」)が、2022年4月25日(月)にグランドオープン!

店舗数は、九州初出店57店を含む全222店。九州最大級(約1,450席)のフードコート&レストランゾーンやフードマルシェ、地元・福岡発をはじめとした多彩な物販店舗、全世代が楽しめる体験型エンターテインメント施設など、五感で存分に楽しめる様々な店舗やコンテンツを集積します。

公共交通機関での交通利便性に優れた立地(JR鹿児島本線「竹下」駅から徒歩9分)で、施設内にバスターミナルを新設し、西鉄天神大牟田線「大橋」駅をはじめとした各方面からの新設バス路線により、さらに利便性を向上させていたます。

また、非接触注文・決済システムや、駐車場チケットレス化など、福岡市が進める感染症対応シティの取り組みへの貢献や、新型コロナウイルス感染症による新たな生活様式への対応についても努めてゆくとのことです。

施設コンセプト

出会い×体験の広場 ~ふれあいとつながりのまちへ~
多彩なパーク(広場)をはじめ、活気あふれる空間を施設全体に創出。ショッピングはもちろん、食、エンターテインメント、スポーツ、教育などを通じて、人と人がふれあい、つながり、「感動」を共有できる施設を実現します。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

ららぽーと福岡の特長
① 全フロアに配置した9つの多彩なパーク(広場)
新しい体験に出会い、遊びもくつろぎも満喫できる9つの多彩なパーク(広場)が屋外エリアを中心に誕生します。様々なイベント開催可能な「オーバルパーク」、農園体験ができる「アグリパーク」、広大な「スポーツパーク」など、幅広い世代のひとたちが存分に楽しめる心地いい広場を1~5階の全フロアに配置。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

② 九州初、地元・福岡発をはじめとした多彩な店舗やコンテンツ
九州初登場から地元・福岡で愛される店舗の新業態など、充実のラインナップを揃えます。

・九州最大級のフードゾーン「グランダイニング」(3階)と「フードマルシェ」(1階)
約1,450席のフードコート&レストランゾーンを一体的に配置した「グランダイニング」や青果市場の記憶を受け継ぐ「フードマルシェ」には、ミシュラン掲載店も含めて食の魅力を体験できる様々な店舗が集積

・地元・福岡発をはじめとした多彩な物販店舗
地域文化を発信する「うなぎの寝床」「サヌイ織物 HAKATAORI SANUI」や、子育て世代を応援するベビー・キッズブランドなど

・全世代が楽しめる体験型エンターテインメント施設
「機動戦士ガンダム」の世界観を存分に楽しめる複合エンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」、九州初の最新設備を備えた「TOHOシネマズ」など

・生活を豊かにする充実のサービス店舗
福岡ソフトバンクホークス[大谷奈美子1] 「ハニーズダンスアカデミーfor Kid’s」のダンス教室 ・英語教室や、内科・小児科・整形外科、歯科、眼科を取り揃え土日祝も診療するクリニックなど

③ 三井ショッピングパーク公式通販サイト「&mall」との連携
三井ショッピングパーク公式通販サイト「Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」と連携し、オンラインで購入した商品の受け取りや試着をららぽーと内で行える拠点「&mall DESK(アンドモールデスク)」の設置等が行われます。

そのほか、サステナブル社会実現に向けた取り組み、地域コミュニティの拠点づくり、利便性向上に資する取り組み、新しい生活様式への対応など、様々な取り組みが実施されます。

全フロアに配置した9つの多彩なパーク(広場)

新しい体験に出会い、遊びもくつろぎも満喫できる9つの多彩なパーク(広場)が屋外エリアを中心に誕生。子どもから大人まで、幅広い世代のひとたちが交流し、密を避けながら存分に楽しめる心地いい広場を1~5階の全フロアに配置。

① オーバルパーク/1階、2階 屋外
約4,000㎡の広場と、その広場を階下に眺める遊歩道が特徴的な2フロアからなるパークです。1階には地面から水が噴き出す「ポップジェット噴水」や広場の象徴となる高さ約10mのシンボルツリー、LEDビジョン併設のステージを配置。2階の遊歩道には遊具やジョギングコースなどを設置し、子どもから大人まで自由に楽しめます。パークを囲むように九州初をはじめとした特徴的な店舗が連なり、屋内外の楽しみを提供。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

Green Summit <1階>
九州初・新業態
カジュアルに楽しめる“アウトドアライフスタイル”をテーマに、国内外からセレクトした豊富なFASHION&FUNアイテムを揃える、アウトドア関連グッズのセレクトショップ。アウトドアでもインドアでも満喫できる様々なアクティビティを店内にて用意。ショッピングと一緒に楽しめます。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

福岡おもちゃ美術館 <1階>
九州初・SC初
大人とこどもが一緒に楽しめる九州初登場の“木育”ミュージアム。木のぬくもりあふれる館内に並ぶ国内外の美しいおもちゃや、福岡の匠の技で作られたオリジナル遊具で遊ぶことができます。約300名のおもちゃ学芸員との世代を超えた交流の場としても注目です。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

キッザニア福岡
2022年夏開業予定・九州初
3歳から15歳までのこども達を対象にした職業・社会体験施設です。実在する企業が出展するパビリオンが建ち並び、約100種類の仕事やサービスを体験できます。こども達が好きな仕事にチャレンジし、楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる「こどもが主役の街」です。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

② フットボールパーク/5階 屋外
MIFA Football Park 福岡 <5階>
九州初
Mr.Children桜井和寿氏とGAKU-MCのユニット「ウカスカジー」が所属し、音楽とフットボールを通じて様々なコミュニケーションを創造する団体「MIFA」(Music Interact Football for All/ミーファ)が運営するフットボール施設で、今回が九州初進出となります。MIFA直営スクールとして「MIFA SOCCER SCHOOL」も開校。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

③ スポーツパーク/4階 屋外
200m陸上トラックやテニスコート、3×3バスケットボールのコートを有するスポーツの拠点です。運動したり寝転んだり、家族や仲間たちと思い思いに過ごせる広々とした人工芝エリアを設けます。野球・サッカー等のスポーツや映画・音楽コンサートなど、感動を分かち合うパブリックビューイングが開催できる大型LED ビジョンも設置。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

④ アグリパーク/3階 屋外
日当たりのよい3階テラスに貸し農園施設と、BBQ施設を設置します。

シェア畑 <3階>
九州初・SC初
首都圏を中心に、全国116カ所で展開する「サポート付き貸し農園 シェア畑」が九州に初開園。農具・種苗を完備するほか、栽培指導も行うため、初心者も手ぶらで野菜づくりができます。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

バーベキューヴィレッジぶどうの樹 fukuoka <3階>
都会の青空の下で、手ぶらBBQを楽しめます。

■ その他のパーク

⑤ フラワーパーク/1階 屋外
“花”をテーマとしたパーク。施設エントランスだけでなく、大階段に設置した立体的で色鮮やかな花壇で来場者を出迎えます。四季を通して色とりどりの華やかな花で演出します。

⑥ フォレストパーク/1階 屋外
フォレストパークでは、筑紫通りに面したエントランス周辺に様々な木々を配します。一帯にはゆとりあるスペースを確保しており、イベントスペースとしても活用可能。ポケットパークは、公園のように誰もが自由にくつろげる空間です。

⑦ ポケットパーク/1階 屋外
公園のように誰もが自由にくつろげる空間です。

⑧ キッズパーク/3階 屋内
フードコート&レストランゾーン「グランダイニング」に併設した子どもの遊び場です。年齢ごとにパークを2つのゾーンに分け、ベビーのための0~2歳ゾーン、キッズのための3~6歳ゾーンを用意。

⑨ メディアパーク/1階 屋内
計5面の大型LEDビジョンにて、施設のお知らせなど様々な情報を発信する施設中央の吹抜空間です。ステージも配置し、屋内での多彩なイベントも楽しめます。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

九州初、地元・福岡発をはじめとした多彩な店舗やコンテンツ

青果市場の記憶を受け継ぐ「フードマルシェ」&九州最大級のフードゾーン「グランダイニング」 <1階、3階>
青果市場跡地にふさわしく、地元・福岡や九州発をはじめとする多様な食の魅力を提供。1階はスーパーマーケットをはじめ、普段使いしやすい店舗を一堂に集めた「フードマルシェ」、3階には九州最大級のフードコートとレストランが合体した一大フードゾーン「グランダイニング」が展開されます。

1階「フードマルシェ」
スーパーマーケット・産直市場・グローサラントと日常利用の店舗と共に、ミシュラン掲載の「レストランジョルジュマルソー」のパティスリー専門店「パティスリージョルジュマルソー」、老舗「焼とりの八兵衛」新業態など福岡有名店や、カレーパンギネス記録を持つベーカリー「パンパティ」が福岡県初出店するなど、全22店舗中13店舗が新業態やエリア初出店となり話題の店舗が勢ぞろいします。

買うだけでなく、テイクアウトしその場でイートインできるのも特徴です。

グローサラント

食料雑貨や日用品を意味する「grocery(グロッサリー)」と「restaurant(レストラン)」を組み合わせた造語です。スーパーマーケットにレストランのようなスペースを併設した店舗のことを指します。

フードマルシェ店舗

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

3階 フードコート&レストランゾーン「グランダイニング」
九州最大級の約1,450席を有するフードコートの21店舗と、10店舗の飲食店が並ぶレストランゾーンが一堂に会した九州最大級のフードゾーンです。フードコート、レストランゾーンともに、九州初や、地元・福岡発の話題の店舗が並びます。また、子どもが思い思いに過ごせる「キッズパーク」や、「アグリパーク」の収穫物を調理できる「ファームスタジオ」など、農業の魅力に触れられるアグリカルチャーの体験拠点としても活用できます。

フードコート
九州初や地元・福岡をはじめとした九州の店舗を含む広大なフードゾーン。楽しい食のお祭りや、旧青果市場を想起させるコンテナキッチンの店舗が並びます。多彩でにぎわいのあるデザインで、いつ来てもワクワクするような空間を演出。また、ららぽーと初の試みであるセルフオーダーシステムや、複数トレーを一度に運搬できるフードコート用カートを導入し、利用者が安心して食事を楽しめる環境を提供。

レストランゾーン
あらゆる世代のひとたちにゆっくり食事を楽しめるよう、バラエティに富んだ10店舗が並びます。また、館内レストランとしては珍しいテラスエリアを設置。目の前のフードコートと一体となり、「グランダイニング」を盛り上げます。

ファームスタジオ
友だち同士の貸切パーティーや様々なイベントに対応可能なコミュニティスペース。システムキッチンも備え、アグリパークの収穫物を調理することができます。※貸切・イベントでの利用は事前申し込みが必要です。

アグリパーク
シェア畑
テラス席の先に貸し農園を設けます。
バーベキューヴィレッジぶどうの樹 fukuoka」
手ぶらはもちろん、持ち込みスタイルも楽しめるバーベキューサイト。ビアガーデンも予定(全席200席、約30サイト予定)

フードコート
九州発の人気グルメ・全国グルメを味わえる店舗を集積。地元有名店「田中田」が展開する「わっぱ定食堂」や久留米ラーメンの老舗「久留米ラーメン 清陽軒」、全国グルメではミシュランビブグルマン獲得のラーメン店「宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀」、小籠包有名店「京鼎樓」やフードコート外にテイクアウトできる“TO GO”グルメも充実。チョコレート有名店のGODIVA初となるフードコート業態「GODIVA dessert」など、全21店舗中8店舗が九州・福岡初出店です。そのほか、フードコート初出店など話題のグルメが勢ぞろいします。

■ 九州発グルメ

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

■ 全国グルメ/TO GOグルメ

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

レストランゾーン
老舗「河太郎」が手がける「九州 はかた 大吉寿司」、とんかつの名店「箱崎 井のかわず」の新業態「とんかつ知青」、和カフェ人気店「伊右衛門カフェ」、豆花とパンケーキの専門店が一緒となった「騒豆花&オリジナルパンケーキハウス」など、全10店舗中7店舗が地元人気店の新業態から有名店、エリア初出店となります。食事からカフェまであらゆる時間帯で楽しめる店舗がラインナップ。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

全世代が楽しめる体験型エンターテインメント施設 <4階、5階>
ガンダムの複合エンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」九州初・SC初・新業態
3つのエリアからなる複合エンターテインメント施設で、ガンダムの様々な情報の発信や、グッズを取り扱うエリア「GUNDAM SIDE-F(ガンダム サイドエフ)」を中心に、ガンダムとコラボレーションした体感型アクティビティが楽しめるスポーツエンターテインメントエリア「VS PARK WITH G(ブイエス パーク ウィズ ジー)」、アーケード・クレーンゲームなどが楽しめるアミューズメントエリア「namco(ナムコ)」により構成されます。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡、グランドオープン日が決定

実物大ガンダム立像「RX-93ffν(ニュー)(ガンダム」関連の情報や、遊びが多数盛り込まれており、「RX-93ffνガンダム」立像を見た興奮そのままにパーク内を楽しむことができます。

最新設備を備えた9スクリーン、1,322席のシネコン「TOHOシネマズ」が誕生
ハイスペックシアターを2スクリーンに配置した“W プレミアムシアター”と、スクリーン前に特徴的なウーハーを設置した“轟音シアター”はどちらも九州初導入です。また、日本の映画館としては初となる“Yogibo(ヨギボー)シート”も導入。さらに全一般席は両肘付で通常の約 1.3倍の座席スペースを確保するなど、最高の鑑賞環境を提供します。

その他の詳細は、以下の公式サイトからチェックしてみてください。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡

この情報は2022年2月24日(木)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

22505
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top