福岡のニュース

JAFが声明、今こそガソリン価格を抑えるために「当分の間税率の廃止」および「Tax on Tax の解消」を

JAFが声明、今こそガソリン価格を抑えるために「当分の間税率の廃止」および「Tax on Tax の解消」を

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、昨今、ガソリン価格の高騰を受けて次のとおり声明を発表しました。

JAFでは、自動車ユーザーの切実な声を収集し『税制改正に関する要望書』として「当分の間税率の廃止」および「Tax on Taxの解消」を政府等に要望し続けて参りました。現在、ガソリン価格の高騰が続く中で政府はトリガー条項の発動検討や価格高騰抑制のために石油元売り会社に補助金など対策を打ち出していますが、JAFは、この機会に以下について改めて強く要望します。

トリガー条項とは

ガソリン価格が3ヶ月連続で1L当たり160円を超えた場合にユーザーの負担を軽くするため、上乗せの税率分のガソリン税25.1円が差し引かれます。なお、トリガー条項は2010年に導入されましたが、2011年の東日本大震災による復興財源を確保するため、現在は一時凍結されています。

ガソリン税等に上乗せされ続けている「当分の間税率」を廃止すべき。
ガソリン税に消費税が課税されている「Tax on Tax」という不可解な仕組みを解消すべき。

JAFが声明、今こそガソリン価格を抑えるために「当分の間税率の廃止」および「Tax on Tax の解消」を

JAFが声明、今こそガソリン価格を抑えるために「当分の間税率の廃止」および「Tax on Tax の解消」を

参考資料:2022年度税制改正に関する要望書~自動車ユーザーは強く訴える~

JAF|日本自動車連盟 公式サイト

この情報は2022年2月7日(月)時点での内容です。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top