福岡のニュース

新成人パフォーマーによる動画作品リレー「#ハタチが未来をつなぐぞ」~5Gエリアが広がる鉄道路線の車内ビジョンで配信~

KDDI は、2022年1月18日から、多様なジャンルで活躍する新成人のパフォーマーとコラボレーションした「#ハタチが未来をつなぐぞ」企画を開始しました。

2022年1月18日から約1カ月間、新成人のパフォーマーが各自の SNS に、5G サービスとパフォーマーの可能性や未来を表現したダンス・スポーツ・音楽などのパフォーマンスをリレー形式で動画投稿していきます。

投稿動画は、特設サイト(URL:https://www.au.com/brand/tsunagu/hatachi)や「ずっと、もっと、つなぐぞ。au」Twitter(URL:https://twitter.com/au_tsunagu)/「au 公式」Instagram(URL:https://www.instagram.com/au_official/)で順次公開。

さらに今後、5G エリアが広がる鉄道路線の車内ビジョンなどにて配信を予定しています。

参加パフォーマーは、世界大会出場経験者やプロとして活躍する人、各ジャンルの普及に向けて尽力する人など、それぞれのシーンで夢に向かって挑んでいる新成人です。

大阪芸術大学在学中の音楽プロデューサーで新成人の Tatsunoshin が作曲した楽曲に載せて、普段交わることの少ない、異なるジャンルの 20 名がパフォーマンスを通じてつながっていく様子を表現します。

本企画は、たくさんの人と人、人とモノ、人と場所、そして人と可能性をつなぐ「ずっと、もっと、つなぐぞ。au」の一環として実施します。2021 年 11 月には SNS などを中心に活躍する 30 人のアーティストとコラボレーションした「#山手線をアートでつなぐぞ」を展開し、山手線をキャンバスに各駅の未来を表現しました。

今回は、5G エリアが広がる鉄道路線の車内ビジョンなどで配信することにより、新成人を迎える若きパフォーマーが未来に向けて挑戦する想いや期待感を伝えます。

詳細は特設サイト(URL:https://www.au.com/brand/tsunagu/hatachi)をご確認ください。

Tatsunoshin(音楽プロデューサー)
2021 年、オーストラリアの UK ハードコアレーベルの OneSeventy に、日本人として初めて加入。また、Dirty Workz 傘下の Electric Fox から「Forgive」をリリース。同レーベルからはアジア圏、そして未成年としても初のリリースとなった。「Forgive」は beat port、Hard Dance/Hardcore チャートで 1 位を獲得。「将来は世界を股にかける音楽プロデューサーになることが目標」と語る。本企画では楽曲制作を担当。

Daikichi(フリースタイルフットボール)
Asia Freestyle Football Championship 2016(AFFC)アジア大会において、当時最年少となる 15 歳で TOP16 をはじめ、JFFC2018 日本大会での TOP8、さらにVibes Kings 大会において、最年少となる 17 歳で優勝を果たす。2018 年より Ball Beat Crew に所属し、パフォーマンス活動やレッスンなどを行なっている。「フリースタイルフットボールの魅力を多くの人に伝えていきたい」

KANTA(ブレイクダンス)
姉の影響で幼稚園の頃からブレイクダンスをはじめる。2009 年にキッズ仲間と共にK.A.K.B(関西キッズブレイカーズ)を結成。2011年に関西の老舗クルーAIR REAL に、2019 年に関東のクルーTHINK TWICE に、どちらも最年少メンバーとして加入。『音楽を感じ、ダンスで自分を表現する、人を笑顔にする踊り』をモットーに、勝ち以上に価値のあるダンサーを目指す。「ブレイクダンスは個性が良く出るパフォーマンスが魅力なので、注目して見ていただきたい」

RIKU(ダブルダッチ)
プロダブルダッチチーム「NEWTRAD(ニュートラッド)」サポートメンバー。11 歳からダブルダッチ経歴をスタートし、翌年からキッズのコンテストに出場、多くの賞を獲得し、中学生時点で関西大会優勝を経験。18 歳で全国大会 U19 のスピード部門で優勝し、U19 の日本記録を更新。19 歳から大学生チームとの兼任で現活動をスタートし、さらなる躍進を続けている。「パフォーマンスを観た同世代が、“自分も何かにチャレンジしてみよう”と思ってくれたら嬉しい」

特設サイトURL

この情報は2022年2月1日(火)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top