福岡のニュース

大川市の家具職人技×福岡市のロボットメーカー、未来の家具「ロボ家具」誕生

大川市の家具職人技×福岡市のロボットメーカー、未来の家具「ロボ家具」誕生

大川市では、2022年1月12日より「ロボ家具」動画をYouTubeにて放映開始したと発表しました。

大川市では、2017年に話題となった「ネコ家具」など、常に木工、家具産業の振興につなげる施策を行なってきました。コロナ禍によりリモートワークが増え、家具が担う役割は変化の時期を迎えています。

関連記事:大川市が「ネコ家具できました」動画公開

そして“職人MADE”を掲げる大川市では、家具のある新しい暮らしの豊かさを「ロボ家具」で表現。実際につくりあげられた”ちょっと未来の家具”を動画で紹介しています。

「ロボ家具」は、大川市の木工家具メーカー株式会社 丸庄と福岡市のロボットメーカー株式会社 匠によりつくりあげた自分で動く家具です。家具とロボットがひとつになった家具を『ロボ家具』と名付け、特別なソファをデザインし、製作されました。

大川市の家具職人技×福岡市のロボットメーカー、未来の家具「ロボ家具」誕生

大川市の家具職人技×福岡市のロボットメーカー、未来の家具「ロボ家具」誕生

未来の社会の在り方、変りゆく生活スタイルを鑑みて「家具のある新しい暮らしの豊かさ」のコンセプトのもと、「家具が提示することのできる新しい価値とは何か?」を考え、誕生したのが、自分で動く、止まる、まわる、不思議な家具「ロボ家具」です。

家具が動くことで、模様替えが楽になったり、子どもの遊び道具になったり、お年寄りの移動サポートになったりと、家具に新しい役割や価値が生まれます。

単なるモノではなく「暮らしのパートナーとして存在する家具」という、ちょっと未来の家具の形を具現化したのが「ロボ家具」です。※製品は非売品です。

なお、世界に1台しかない「ロボ家具(ロボ抜き)」が当たるTwitterフォロー&リツイートキャンペーンも開催されています。

また、職人インタビューや製品の詳細について解説されている「ロボ家具」特設サイトもあわせてどうぞ。

ソファ製作|株式会社丸庄
ロボット製作|株式会社匠

大川市 ホームページ

この情報は2022年1月14日(金)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top