福岡のニュース

石村萬盛堂、季節限定 博多あまおう使用の「いちご大福」販売開始

石村萬盛堂、季節限定 博多あまおう使用の「いちご大福」販売開始

博多で創業し116年を迎える石村萬盛堂(福岡市博多区)では、福岡特産”博多あまおう”を 使用した季節限定の人気商品「いちご大福」を、12月26日(日)より販売開始しました。

石村萬盛堂の「いちご大福」には、福岡県八女地区で栽培された「博多あまおう」が使用されています。甘さ、香り、大きさを吟味選定した本当に美味しいあまおうを一粒まるごと使い、自慢のいちご大福に仕上げた、毎年大人気の一品です。

石村萬盛堂、季節限定 博多あまおう使用の「いちご大福」販売開始

果物は、季節の恵み。特にいちごは気温や湿度で、甘さや酸味が変化します。12月「冬至」の頃に売り場に並ぶいちごは「一番果」と言われ、甘いだけでなく縁起の良い「初物」として験担ぎ(げんかつぎ)にも好まれます。石村萬盛堂では、年末年始より「初物」として愉しんでもらえるよう「新春に福が来ますように」との願いを込めて「いちご大福」を展開。

「博多あまおう」の名産地である福岡県八女地区は気温の寒暖差が大きく、美味しいいちごが育ちます。昼夜の寒暖差を繰り返すことで、いちごの形や色、香り、食感が良くなっていきます。土づくりから苗づくり、受粉のためのミツバチの管理まで、一年を通して八女地区の農家の皆さんに大切に育てられた「博多あまおう」がいちご大福に使用されています。

石村萬盛堂、季節限定 博多あまおう使用の「いちご大福」販売開始

石村萬盛堂、季節限定 博多あまおう使用の「いちご大福」販売開始

石村萬盛堂、季節限定 博多あまおう使用の「いちご大福」販売開始

また、石村萬盛堂の看板商品の一つ「塩豆大福」でも好評を得ている、もちもち食感の求肥(ぎゅうひ)と同じく、こだわった食べ応えのある求肥で「あまおう」を包んでいるのも特長のひとつです。和菓子職人が調整したやさしい甘さのこしあんが、みずみずしい果汁たっぷりのいちごの美味しさを引き立てています。

石村萬盛堂、季節限定 博多あまおう使用の「いちご大福」販売開始

販売期間は、2021年12月26日から4月初旬までを予定。しろあんは3月頃から順次販売が予定されており、いずれも無くなり次第終了となります。

価格は、こしあん 1個 230円/6個 1,442円/10個 2,410円 ※金額はいずれも税込みです。

石村萬盛堂 公式サイト
石村萬盛堂 @sweets_ishimura|Twitter
石村萬盛堂 @ishimuramanseido) • Instagram

この情報は2021年12月26日(日)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

2220
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top