福岡のニュース

トップミュージシャンと和太鼓との共演作品「LOTUS」を世界へ発信『筑紫珠楽25周年 Anniversary 公演』開催

2021年12月12日(日)17時より、福岡市博多区下川端町のホテルオークラ福岡にて、和太鼓のプロチーム博多金獅子太鼓 三代目取締・筑紫珠楽さんの演奏活動 25 周年を記念した特別公演が上演されます。

筑紫珠楽さんは、1975 年に博多独楽宗家に生まれ、博多独楽と共に太鼓を学び、二代目寿楽を継承。継承とともに金獅子太鼓の作曲・演出も担当し、国内各地をはじめ、アメリカ、カナダ、韓国、中国、中南米、ヨーロッパなど 14 ヵ国で公演。他ジャンル・他アーティストの共演も多数。

近年では、岸谷五朗氏・寺脇康文氏が率いる「地球ゴージャス」に出演するほか、多くのアーティストに作曲提供を行っています。

今回の公演では、世界 14 ヵ国で公演された、トップミュージシャンと和太鼓との共演作品「LOTUS(淡月)」を上演。日本の風土によって生み出され、人々に活力を与え続けてきた太鼓の響き、幅広い音楽ジャンルとの珠玉のコラボレーションをぜひご堪能ください。 『筑紫珠楽 25 周年 Anniversary 公演』
■日時:2021年12月12日(日)17:00 開演(16:30 開場)
■会場:ホテルオークラ福岡 平安の間(福岡市博多区下川端町 3-2)
■料金:7000 円(全席自由席)
チケット購入サイト:https://w.pia.jp/t/chikushisyuraku-pls/
■出演:
筑紫珠楽(和太鼓) / 岩崎大輔(作曲、編曲、音楽監督/PF.Key.) / 浦上雄次(Tap) / 甲斐典子(Fl. 篠笛) / 西川のばら(Vn.) / 赤松貴文(Ba.) / 奥田真広(Perc.) / 池田正博(Jembe)
■オンライン視聴(PIA LIVE STREAM):
料金:1000 円
視聴券購入サイト:https://w.pia.jp/t/chikushisyuraku-pls/
アーカイブ配信期限:2021 年 12 月 22 日(水)23:59
■公式サイト https://kinjishi-taiko.jp/
■お問い合わせ先 (株)サウスポイント TEL:092-402-2258
三代目 筑紫珠楽 プロフィール
1975(昭和 50)年 福岡県無形文化財第一号指定、博多独楽宗家の長男として生まれる。
1985(昭和 60)年 筑前博多独楽宗家に入門 筑紫寿楽を名告る。
1990(平成 2)年 15 歳で太鼓を始める。
1992(平成 4)年 17 歳で「博多金獅子太鼓」の取締となる。
1994(平成 6)年 母珠楽と共にアメリカ公演をはじめとする海外公演に参加(博多独楽)
1999(平成 11)年 ビクター振興財団より初のメジャーアルバムを発売(金獅子太鼓)
2012(平成 24)年 三代目 筑紫珠楽を襲名。

450 年以上続く筑前博多独楽宗家の長男として生まれ、3 歳でお披露目の舞台。10 歳で正式に入門をし、博多独楽と共に太鼓を学び、二代目寿楽を継承。15 歳から独楽の製作を学びつつ、歴史等独楽の回転力学を学ぶ。母であり師匠の珠楽の後見とし舞台
に出演しながら自身制作の舞台にも力を入れ始める。

古典と現代的音楽を融合させた舞台を演出し自ら音楽も制作している。アメリカ合衆国に招待され母である珠楽と共に親子で正式招待されワシントンで公演、公演評価がハイパーカルチャーとしてワシントンポストの芸術欄にて紹介されている。

もともと獅子舞と共に「博多独楽」の地方(じがた:伴奏)として成り立っていた伝統ある太鼓を、先代の寿楽が「博多金獅子太鼓」(九州で初のプロ集団)として独立させ考案した現在の組太鼓は三代目珠楽に受け継がれ、九州特有のスピード感現代的音楽表現に発展が遂げられている。

博多金獅子太鼓としてはアメリカをはじめとする 14 カ国で公演。1999 年にソロデビューをし、CD「願い」を発表。その後すぐに「KABUKIMONO」をビクターより発表する。活動も多岐にわたりブルーノートや STB 等の名門 JAZZ クラブにて出演する他ピアニスト岩崎大輔氏、吉田兄弟等の洋楽・邦楽のアーティスト、オーケストラ等や他共演も多数している。
また、舞台やミュージカルの音楽も手掛け、近年では岸谷五朗、寺脇康文等とも共演もしている。

この情報は2021年12月4日(土)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top