福岡のニュース

エイベックスの音声ARアプリ「SARF」が福岡市の観光ガイドに採用

エイベックスの音声ARアプリ「SARF」が福岡市の観光ガイドに採用

エイベックス・エンタテイメント社(本社:東京都港区)では、スマートフォンの位置情報と音声コンテンツを組み合わせた音声ARアプリ「SARF(サーフ)」を、観光ガイドとして福岡市の博多旧市街に2021年11月25日(木)から導入すると発表しました。

エイベックスの音声ARアプリ「SARF」が福岡市の観光ガイドに採用

これに合わせ、福岡市と連携して制作されたオリジナルコンテンツ「博多流(はかたながれ)」を含む、3つの街歩きコンテンツを、11月25日から「SARF」で公開。NHK連続テレビ小説「エール」で注目を集めた福岡市出身の俳優、坪根悠仁さんが自身初の声優に挑戦します。

エイベックスの音声ARアプリ「SARF」が福岡市の観光ガイドに採用

この他、没入感を持って音声コンテンツを楽しんでもらえるよう、AfterShokz社と連携し、博多駅総合案内所、アジア美術館、博多町屋ふるさと館の3箇所で、骨伝導イヤホンの貸し出しが行われます。

音声ARとは

“位置情報”と”音声情報”を組み合わせた音の拡張現実(AR)によって、日常の新しい楽しみ方を演出するソリューションです。同社が提供する「SARF」は、音声ARによる没入体験を、観光ガイドや謎解きなどのコンテンツとして簡単に制作・導入できる点が最大の特長です。制作した音声ARコンテンツは、専用のアプリを介して、現地で利用することができます。

▼オリジナルコンテンツ「博多流(はかたながれ)」について
「博多流」は、中世の博多の街を舞台にした音声ドラマです。「祇園山笠」をテーマに、博多の街を盛り上げる一人の青年の物語で、博多を発祥の地とする「うどん」や、「黒田官兵衛」など歴史上の人物も登場します。

エイベックスの音声ARアプリ「SARF」が福岡市の観光ガイドに採用

観光客は、「SARF」を起動した状態で、博多旧市街に設置された博多駅を含む20のスポットを周遊。アプリから流れる音声ドラマの世界に没入しながら、博多の歴史を味わうことができます。この他、博多旧市街の観光モデルコースをベースに、観光ガイドやその場所のトリビアなどの情報を紹介する観光ガイドコンテンツの配信も行われます。

<20のスポット>
博多駅、出来町公園、東長寺、龍宮寺、川端通商店街、福岡アジア美術館、川上音二郎生誕地、善導寺、妙典寺、海元寺、幻住庵、円覚寺、妙楽寺、若八幡宮、謝国明の墓、承天寺、「博多町家」ふるさと館、博多伝統芸能館、櫛田神社(飾り山笠)、櫛田神社(拝殿)

NHK連続テレビ小説「エール」で俳優デビューを飾り、注目を集めた俳優の坪根悠仁さんが、自身初の声優として「博多流」の主人公ナガマサを演じます。同作品の舞台である福岡出身の坪根悠仁さんの、普段は見せない、人情味あふれる熱のこもった演技は必聴です。

<ダウンロード>
SARF|App Store
SARF|Google Play

坪根悠仁さんコメント

僕の地元、福岡市ということもあり携わらせていただきとても光栄です。今回初めてのアフレコ経験だったので、声で表現する難しさや楽しさを実感でき、良い経験をさせていただきました。ぜひ、福岡市を観光するときに聴いていただき、福岡の魅力をより多くの人に知ってもらえたら嬉しいです!

プロフィール
2000年3月16日生まれ、福岡県福岡市出身。
2018年ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞をW受賞し芸能界入り。 NHK連続テレビ小説「エール」(2020/NHK)で俳優デビューし、その後ドラマ「そのご縁、お届けしますーメルカリであったほんとの話ー」(2020/MBS)、「ひみつのアイちゃん」( 2021/CX )、「悪魔とラブソング」(2021/Hulu)など、ドラマ・映画など活躍の場を広げています。現在MBSで放送中のドラマ「美しい彼」に出演中です。

「SARF」公式WEBサイト

この情報は2021年11月25日(木)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

391
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top