福岡のニュース

今年も普段立ち入れない岸壁を開放!大牟田市、世界遺産の三池港から見える絶景「光の航路」

今年も普段立ち入れない岸壁を開放!大牟田市、世界遺産の三池港から見える絶景「光の航路」

三池港展望所からは、毎年1月と11月に、夕陽の光が三池港の航路先端から閘門を抜けて一直線となる「光の航路」を見ることができます。

大牟田市では、より美しい写真を撮ることができる内港からの撮影を望む声に応え、今年も三池港1番岸壁を撮影ポイントとして開放します。また今年は、来場者からの要望が多かった、コーヒー等のあたたかい商品の販売も行われます。

様々な気象条件が重なった時にだけ現れる奇跡的な光景を、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。※期間中の日没時刻は17時13分~17分頃です。

概要

日時:2021年11月16日(火)~25日(木)
時間:16:15~17:30を予定
場所:三池港1番岸壁
駐車場:三池港展望所(大牟田市新港町1

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスク着用、手指消毒、ならびに他の見学者と一定の距離を保ち、見学、撮影をするようにしましょう。

また、車輌等は、必ず三池港展望所に駐車をお願いします。駐車台数に限りがあるため、なるべく乗り合わせにて訪れるか、もしくは、レンタサイクルやタクシー等を利用するようにしましょう。

混雑時は、安全対策のため、入場制限が実施される場合があります。

問い合わせ先:大牟田市 産業経済部 観光おもてなし課 電話:0944-41-2750

大牟田市 ホームページ

この情報は2021年11月11日(木)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

3615
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top