福岡のニュース

“芸術の秋“は九州国立博物館へ行こう

“芸術の秋“は九州国立博物館へ行こう

今年の秋は九博で「琉球の美」「海の幸、山の幸」を堪能しませんか?

【特集展示】琉球王国文化遺産集積・再興事業 巡回展 手わざ -琉球王国の文化-

沖縄県は、かつて琉球王国として独自の文化を繁栄させていました。しかし、近代化の波や第二次世界大戦中の激しい地上戦により、貴重な有形無形の文化遺産の多くが失われてしまいました。同時に、代々受け継がれてきた琉球の手わざも途絶えることになりました。

琉球王国の美しい文化財を現代によみがえらせるため、職人と研究者が協力して8分野(絵画、木彫、石彫、漆芸、染織、陶芸、金工、三線)にわたる失われた手わざの解明に挑みました。本展では、それら模造復元品を中心に展示し、その製作工程を紹介。

現代によみがえった文化財を見て、琉球王国の美を感じてみてはいかがでしょうか。※一部、琉球王国時代の作品も展示されます。

会期:令和3年10月19日(火)~12月12日(日)
会場:4階文化交流展示室 第9・10・11室
観覧料:一般700円、大学生350円、高校生以下・18歳未満及び満70歳以上は無料
※大学生以下・18歳未満及び70歳以上は、展示室入口にて学生証や生徒手帳等の提示が必要です。。
※令和3年10月19日(火)~12月5日(日)は、特別展「海幸山幸」のチケット(半券)で、当特集展示も観覧できます。
詳細はこちらのページからどうぞ。

【特別展】海幸山幸 -祈りと恵みの風景-

“芸術の秋“は九州国立博物館へ行こう

海に囲まれ、国土の7割を山林が占める海と山の国、日本。この地に生まれた私たち祖先は、海と山からさまざまな恵みを得て、豊かな暮らしを営んできました。海と山は私たちを日本人たらしめている大きな要素であり、実質的な生活の糧であるとともに、心の醸成にも大きな役割を果たしてきました。

本展では、海と山をめぐるさまざまな事象から、日本人が自然との共生のなかで育んできた歴史や文化を新たな視点から紹介。

会期:令和3年10月9日(土)~12月5日(日)※期間中、展示替えがあります。来場の際はこちらのページから出品目録の確認ができます。
会場:3階特別展示室
観覧料:一般1,600円、高大生1,000円、小中生600円
※団体料金はありません。
※大学生以下は展示室入口にて学生証や生徒手帳等の提示が必要です。
※本特別展のチケット(半券)で、4階文化交流展示室の特集展示「手わざ」も観覧できます。
詳細はこちらのページからどうぞ。

“芸術の秋“は九州国立博物館へ行こう

「ラジオdeきゅーはく」好評放送中
きゅーはくでは、「もっとみなさんにきゅーはくのことを知ってもらいたい!」という思いから、YouTubeで聞いてもらえるラジオ番組を新たに制作。その名も「ラジオdeきゅーはく!」です。これまでの放送では、文化財にまつわる虫のひみつを紹介する「博物館と虫のカ・ン・ケ・イ」や博物館の裏側を探る「バックヤードツアー」など、様々な話題を楽しく発信しています。

☆リスナーからのお便り募集中☆
博物館や学芸員のお仕事、展示作品など、きゅーはくについて聞きたいことを何でも募集しています。お便りは、ウェブページ内にあるこちらのお便り投稿フォームとはがきで受け付けています。届いたお便りは番組で紹介してゆくとのことです。

通勤通学中や何かの作業中など、ちょっとした時間に、くすっと笑えてためになる「ラジオ de きゅーはく」、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

九州国立博物館の開館時間は、午前9字30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)、休館日は毎週月曜日です。問い合わせは、NTTハローダイヤル 050-5542-8600(9:00~20:00/年中無休)までどうぞ。

kyuhakuchannel|公式YouTubeチャンネル
九州国立博物館 ホームページ

この情報は2021年10月17日(日)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

853
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top