福岡のニュース

「海水1リットルから取れる“またいちの塩”は1グラム」持続可能な塩づくりのために脱プラを始めました

「またいちの塩」が商品パッケージをリニューアル! 福岡県の糸島半島で海水を原料に塩づくりをする私たちだからこそ、海洋汚染の原因となるプラスチックをこれ以上使い続けるわけにはいきません。

「脱プラスチック」を値上げしても実現させる取り組みをより多くの方に知っていただくため、クラウドファンディングに挑戦。

返礼品には様々な塩や人気のプリン、塩づくり体験などをご用意。「またいちの塩を体験いただくことで環境がきれいになり、さらに美味しいお塩がつくれる。」そんな循環を作る取り組みをぜひ応援してください。福岡県の西側、糸島市で、「またいちの塩」を製造・販売している、新三郎商店です。私たちは糸島半島のいちばん端にある製塩所「工房とったん」で、昔ながらの製法できれいな海水から塩づくりを行っています。

さらに、その塩を使い、糸島の食材を生かした味を提供する「ゴハンヤ イタル」「sumi cafe」を運営し、名物「しおをかけてたべるプリン」は、全国の皆さまからご好評いただいています。

またいちの塩を通して、20年以上美味しい塩と食を提供することを続けてきましたが、今、大きな課題に直面しております。

このクラウドファンディングは、その課題を共有することで、またいちの塩が商品リニューアルを行う本当の理由を知っていただくことが目的です。

そして、この取り組みに共感してくれる方が1人でも多く増やすことができないかという想いでチャレンジします。

目指すのは「持続可能な塩づくり」。海水を原料に塩づくりをする私たちが、海の汚染につながるプラスチックの容器に入れて、塩を売っている。この現状をまず変えなければいけないという思いで、私たちは試行錯誤を繰り返してきました。

今までプラスチック性のパウチ袋を使用していた、またいちの塩。それが今回、アイスカップ状の紙カップに生まれ変わります。

紙の容器を使うことで、プラスチック含有量※を90%減らすことができます。もちろん、最終的な目標は0%にすることです。(※PP:ポリプロピレン含有率)

パッケージには「またいちの塩」が手作業で行われていることをイラストで表現し、簡単にフタの開け閉めができ、使いやすさにもこだわっています。パッケージが変わっても、塩の品質が変わることはありません。

今回のクラウドファンディングでは、「またいちの塩」の様々な塩や「しおをかけて食べるプリン」の特別セットだけでなく、さらに、今回限定の「塩づくり体験」や「1日弟子入り体験」など「またいちの塩」を存分に味わえる返礼品をご用意しております。

応援してくださった方へ、10月下旬より随時発送いたします。一人でも多くの方に、「脱プラスチックに向けた取り組み」「持続可能な塩づくり」を知っていただくため、ハッシュタグ【#またいちのとりくみ】をつけて、InstagramやFacebook等で発信のご協力をお願いいたします。

▶ 「またいちの塩」クラウドファンディング

この情報は2021年10月7日(木)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top