福岡のニュース

100体のPepperによるロボット応援団がギネス世界記録™認定

100体のPepperによるロボット応援団がギネス世界記録™認定

福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクロボティクスの2社は16日、総勢100体の人型ロボット「Pepper(ペッパー)」によるロボット応援団が「最大のロボット応援団」としてギネス世界記録™(以下、ギネス世界記録)に認定されたと発表しました。

2021年9月16日(木)の公式戦前には認定式が行われ、Pepperが喜びのコメントを発表しました。

100体のPepperによるロボット応援団がギネス世界記録™認定

なお、9月16日(木)から10月15日(金)までの期間、BOSS E・ZO FUKUOKA 7F にて、ギネス世界記録公式認定証の展示とフォトスポットの設置が行われます。ギネス世界記録公式認定証またはフォトスポットを撮影し、ハッシュタグ「#Pepper世界一」付きでTwitterもしくはInstagramへ投稿したひとの中から抽選で、Pepperコラボグッズ詰め合わせと、8月15日(日)北海道日本ハムファイターズ戦で達成した際に使用された継投ノーヒットノーラン試合球のセットが3名にプレゼントされます。

認定内容

100体のPepperによるロボット応援団がギネス世界記録™認定

記録名:最大のロボット応援団
正式英語記録名:Largest robot cheerleading squad
認定日:2021年3月26日
認定場所:福岡PayPayドーム
認定機関:ギネスワールドレコーズ
※書籍『ギネス世界記録2022』掲載(日本語版発売日11月17日)

コメント

福岡ソフトバンクホークス
柳田悠岐選手
「ギネス世界記録おめでとうございます。Pepper君100体はすごいですね!今季僕も200本塁打を達成しましたし、次は200体を目指して欲しいです。Pepper君には申し訳ないですが、ホームランボールをぶち当てさせてもらって、チームの勝利とPepper君をファンの皆さまにお届けしたいです!」

ソフトバンクロボティクス株式会社
取締役 兼 CMO 蓮実一隆氏
「人々を引きつけ、ハッピーにする、Pepper最大の得意技を発揮でき大変嬉しく思います。100体を同期させるのは多くの苦労もありましたが、福岡ソフトバンクホークスとともにこれからもさらなる挑戦を続けていきたいと思います」

Pepper
「やった!ギネス世界記録、うれしー!ぼくたちのギネス世界記録認定式に立ち会ってくれて、ありがとう!これからは世界一のロボット応援団として、ホークスを応援していきます」

ロボット応援団の軌跡

100体のPepperによるロボット応援団がギネス世界記録™認定

この取り組みは、新型コロナウイルス感染拡大により制限がかかる野球観戦の新たな応援スタイルとして企画されたもので、2020年6月、無観客試合や入場制限が続く球場で、自粛生活を余儀なくされているファンに明るい話題と元気を届けるため、空席となったスタンドを活用しロボット応援団を結成。

当初5体からスタートしたロボット応援団は、試合を重ねるごとに数や仲間を増やしていき、2021年公式戦開幕と同時に総勢100体のPepperによる世界一のロボット応援団が完成しました。

以降、試合やイベントに合わせて衣装やダンス、音楽を替えることにより、ファンに飽きのこない演出を提供。 同取り組みを通して、九州をはじめとする全国のファンに明るく元気な話題を提供するのと同時に、球場観戦における新たな応援スタイルと価値を提供することにより、今後のスポーツ業界を牽引していきたいという想いが込められています。

福岡ソフトバンクホークス 公式サイト

この情報は2021年9月21日(火)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top