福岡のニュース

アートフェアアジア福岡2021 開催記念トークショー 『家入一真×小笠原治 アートに魅せられる起業家たち』開催決定

2 年ぶり 6 回目となる『アートフェアアジア福岡 2021(AFAF2021)』が、2021年9月22日(水)~9月26 日(日)の 5日間、JR 博多駅直結の博多阪急にて開催されます。→ 詳細こちら

AFAF2021 には、アートマーケットの最前線で活躍する 45 のギャラリーが全国から集結。1000 点を超える作品が一堂に会する、西日本最大規模の現代アートの祭典です。そのオープニングイベントとして、気鋭の起業家・投資家として目覚ましい活動を展開されている、家入一真さんと小笠原治さんによるトークショーが実現。9月22日(水)18時30分より、JR博多シティ 9階の JR九州ホールにて開催されます。

家入一真さんは福岡県出身。3年間の引きこもりを経験後、画家を志し、芸大を受験するため 2 年間新聞奨学生をしていたという経歴の持ち主。結婚を機にレンタルサーバー「ロリポップ!」を立ち上げ、その後の成功、波乱万丈の人生を記した著書の数々が軒並みベストセラーを記録。アートコレクターとしても知られ、様々なアートイベントや事業にも関わられています。

小笠原治さんは京都市出身。高校卒業後、建築事務所勤務を経て、さくらインターネットを共同創業。その後モノづくりスタートアップ企業の育成、投資に注力し、起業家が集う「awabar」を経営するなど、その活動は多岐に渡ります。そして、2012 年より福岡市のスタートアップ支援事業に深く関わられ、現在は京都芸術大学教授としてもご活躍です。

コロナ禍、急速に進むオンライン化、NFT、ストリートアートと言った新ジャンルの出現、悪化する香港情勢・・・。アート業界においても環境がめまぐるしい変化を見せるなか、お二人が今アートに期待すること、アートを使って手がけようとしていること、その実像と展望をお話しいただき、福岡のアートシーン、ひいては志を同じくする起業家・経営者たちへのエールを語っていただきます。

なお、同イベントは、JR 九州ホールにて有観客で開催するほか、ライブ動画の無料配信も行われます。ぜひお見逃しなく!

アートフェアアジア福岡 2021/ART FAIR ASIA FUKUOKA 2021
日時:2021年9月22日(水)~9月26日(日) 10:00~20:00(最終日は 17:00 まで)
会場:博多阪急 8 階催場/7 階イベントホール『ミューズ』
入場料:無料

▶ 公式サイト
HP:https://artfair.asia/
Facebook:https://www.facebook.com/artfairasiafukuoka/
Instagram:https://www.instagram.com/artfairasia/
Twitter:https://twitter.com/artfairasia

この情報は2021年9月4日(土)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top